ここから本文です。

資料に親しむ会(令和元年度第9回)

京都学・歴彩館所蔵資料について、学生や一般を対象に、少人数で実際に資料を見ながら、わかりやすく解説します。
江戸時代の末期、大坂の版元石川屋和助が浮世絵版画「都百景」を出版しました。今回はこの京都を描いた100枚の絵の魅力を、成立の背景、各作家の特徴などを通して紹介します。

テーマ

『幕末の浮世絵版画 都百景に親しむ』

開催日

2019年12月10日(火曜)

時間

14時~15時

場所

京都学・歴彩館1階 小ホール

定員

30名(当日13時30分より開場)

講師

大塚 活美(資料課古文書担当)

次回予定

2020年1月14日(火曜)

チラシ

資料に親しむ会(令和元年度第9回)(PDF:273KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?