ここから本文です。

資料に親しむ会(令和2年度第7回)

京都学・歴彩館所蔵資料について、学生や一般を対象にわかりやすく解説します。
明治時代以降、移動の自由や交通網の発達などにより、旅行が大衆化していきます。
旅行案内書では、寺社仏閣等の名所旧跡に加え、近代化により生まれた新たな名所も紹介されるようになります。
今回は、明治期から昭和戦前期までの京都の旅行案内書をご紹介します。

テーマ

『近代京都の旅行案内書に親しむ』

開催日

2021年2月9日(火曜)

注※2月7日以降も緊急事態宣言が継続された場合は、開催日を変更します。

時間

14時~15時

場所

京都学・歴彩館1階 小ホール

定員

30名(当日13時30分より開場)

講師

吉田 奈央(資料課)

次回予定

3月9日(火曜)

チラシ

資料に親しむ会(令和2年度第7回)(PDF:197KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化スポーツ施設課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?