ここから本文です。

京都学・歴彩館における撮影ポイントについて

京都学・歴彩館では、北山文化環境ゾーン内の象徴的な建物として、創造的な発想や企画力等をより発揮できる公募型設計競技(建築コンペ)方式により、設計者を選定し、建築したことから、館の機能だけでなく建物自体も魅力的なものとなっています。

この度、京都学・歴彩館の建物内外に撮影ポイントを6ヶ所設定しましたので、京都学・歴彩館に来られた際に、ぜひ撮影してみてください。

また、皆様が発見した撮影ポイントがあれば事務局(企画総務課)や課ユーザアドレス(rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp)までお知らせください。

 

建物の特徴について

軒を低くし細い鉄骨の骨組みと大小の傾斜屋根を組み合わせた大屋根で、繊細で柔らかい表情を持った外観を構成。

条坊制をイメージした縦・横の格子状の空間構成を基本形とし、異なる機能を持つゾーンを結ぶ動線により一体的な利用を促すとともに、中庭を配して、開放的で明るい空間を実現。

 

撮影ポイントについて

6ヶ所を設定(3月1日時点) (写真は随時変更・更新)

撮影箇所

 

外観・入口

 

 

外観・横

 

 

 

今後、京都学・歴彩館の外構や遊歩道(プロムナード)を整備しますので、これにあわせ、撮影ポイントも増やしていきます。 

 

内観

 

 

注意点

  • 皆様が快適にご利用いただくため、周囲にご配慮いただきながら撮影してください。
  • 歴彩館内の撮影においては、1階でお願いします。なお、1階展示室や2階(図書エリア)、3、4階(学校施設)では行えませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真の商用利用はご遠慮ください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?