ここから本文です。

グランドオープン記念展示「京の四季風景」

  本年4月にグランドオープンした京都府立京都学・歴彩館では、開館記念展示の第4弾として「京の四季風景」展を開催いたします。本展示では、京都府が所蔵する日本画作品のなかから、前期は京都市内の、後期は京都郊外の自然の持つ美しさを描いた風景画の名品を展示します。

 

1 会  期 

          平成29年12月16日(土)~平成30年3月13日(火)

     前期=12月16日(土)~2月13日(火)/後期=2月15日(木)〜3月13日(火)

        【開室時間】平日 9時~18時 、土日 9時~17時

       【休 館 日】祝日(12月23日、1月8日、2月11日)、第2水曜日、年末年始(12月28日〜1月4日)

 

2 開催場所  

京都学・歴彩館 1階展示室(京都市左京区下鴨半木町1-29)

 

3 入場料  

無料  

 

4 関連事業 

 

  【ギャラリートーク(場所:1階展示室)】

 平成30年1月25日(木)及び3月8日(木)※入場無料、事前申込不要

         それぞれ14時30分から30分程度

 

 【「京の四季風景」関連資料の紹介(場所:2階京都資料総合閲覧室)】

 平成29年12月16日(土)~平成30年3月13日(火)

   平日 9時~21時、土日 9時~17時

    「京の四季風景」関連資料の紹介  詳細ページ

 

5 主な展示品  

   谷野  圭一     (たにの けいいち) 「祇園祭」(京の百景7)、昭和48年《前期展示》

   磯田   一郎(いそだ またいちろう) 「京の家並みと横丁」(京の百景6)、昭和48年《前期展示》

   渡辺 信喜     (わたなべのぶよし) 「常照皇寺(御車返)」(京の四季246)、昭和61年《後期展示》

   並木  光昭    (なみき みつあき) 「光明寺秋色」(京の四季210)、昭和61年《後期展示》など

 

ちらしはこちら(PDF:471KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?