ここから本文です。

京都府森林吸収量認証制度の概要

    京都府では、府民や企業の皆さんに参加いただき、みんなで京都の森を守り育てる『京都モデルフォレスト運動』を展開しています。

    森林吸収量認証制度は、企業等が京都モデルフォレスト運動等に参加して取り組んだ森林の保全整備活動を、地球温暖化防止への貢献という視点から、二酸化炭素の吸収量に換算して認証するものです。

    京都府地球温暖化対策条例では、「森林の保全及び整備」を地球温暖化対策の一つとして位置付け、事業者排出量削減計画の目標達成の補完的手段としてこれを認めていますが、事業者が森林の保全及び整備を地球温暖化対策の一つとして事業者排出量削減報告書に記載するためには、以下の「京都府森林吸収量認証制度」による認証(森林吸収量の算定)を受ける必要があります。

    詳しくは、京都府モデルフォレスト推進課までお問い合わせください。

1 ねらい

    温暖化対策条例で補完的手段として認められた森林の保全整備による二酸化炭素吸収についてその量を算定する制度を定め、企業等の参加による森林づくりを促進。

2 制度の名称

京都府森林吸収量認証制度

3 対象者

    温暖化対策条例に基づき排出量削減計画の作成が義務付けられる事業者

4 対象とする森林

    間伐、下刈り、植林等により持続可能な森林経営が行われると認められる森林

5 算定方法

    森林吸収量(CO2-t)=森林面積×幹の成長量×拡大係数×容積密度×炭素含有量×(44/12)

注:拡大係数=幹以外の部分の吸収量を算定するための係数。広葉樹と針葉樹で異なる。

6 認証機関

    公益社団法人京都モデルフォレスト協会(外部リンク)を指定

  公益社団法人京都モデルフォレスト協会の概要

   ・所在地:京都市上京区出水通油小路東入丁子風呂町104-2

   ・主な事業:府民ぐるみで京都の森林を守り育てるモデルフォレスト運動を推進するための普及啓発や森林づくり事業を実施

   ・理事長:柏原康夫

   ・電話:075-414-1270 

 

森林吸収量計算例

  • ヒノキ林1ha(25年生)を間伐した場合

森林吸収量=9.6m3×1.56×0.407×0.5×(44/12)=11.17CO2-t

  • 広葉樹の苗木を1ha植栽した場合

森林吸収量=2.0m3×1.79×0.587×0.5×(44/12)=3.85CO2-t

 

認証制度の流れ

 

 お問い合わせ先

 

京都府農林水産部 モデルフォレスト推進課

電話    075-414-5005

ファックス 075-414-5010

Eメール  modelforest@pref.kyoto.lg.jp

 

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?