ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 林業振興課の業務について > ひと味違う!こだわりの北山杉 枝打ち師

ここから本文です。

ひと味違う!こだわりの北山杉 枝打ち師

藤田利幸さん(京都市)

  • 京都市右京区在住 
  • お仕事内容 : 北山杉の育林全般にわたる作業、アカマツ林の施業改善、北山台杉の生産・販売、保育管理作業
  • 雇用形態 : 常用で2人(30代)雇用、臨時雇用はさらに2人から3人

活動記録

  • 北山杉の育林に従事されています。庭園用の北山台杉の生産販売にも取り組まれ、販売出荷後も手入れを行われています。

[台杉の手入れをする藤田さん]

  • 国会議事堂の衆参両議院の庭には、全国の「都道府県の木」が植栽されていますが、京都府の木である「北山杉」は剪定作業が必要なことから、2年に1回程度、手入れのため、上京されています。
  • 現在たいへん貴重な丹波マツタケの増産を願って、アカマツ林の手入れにも力を入れておられます。

 

工夫されてること、こだわり

  • 山づくりは、苗木づくりである。父親は若いころから熱心に高雄地区に適する良い苗を選木してきた。
  • 枝打ちは、鎌を使って行い、枯れ枝を作る前に打つように心がけている。
  • 良い材を取るためには、2回目の間伐であえて林内の質の良い木を伐採し、その後に良い材を残せるかにかかっている。その見定めを父から受け継ぎ、俺もやっている。


一番苦労したことは?

  • 台風の強い風雨により多くの木が倒れる被害を受けたこと。台風の時期は天気予報とにらめっこ。先代のスギも風でやられた。

 [枝打ち間もない北山杉]

やってきて良かっこと

  • 道づくり。
  • 林道整備は林業発展に大きく寄与したが、同時に欲張ってどこもかしこも植えた。そのことで雪害や台風による被害も受けるようにもなったが。

 

夢!

  • 今の魅力は北山台杉にある。庭さえあれば、台杉は育つ。

[一本一本丁寧に!]

仕事のPRを

  •  「北山台杉は、全国どこへ行っても正しい手入れにより、その美しさを保つことができると確信している。ぜひこだわりの北山台杉を見て育ててください。」

一番好きな樹木は?

  • やっぱりスギ。 スギしかない!

                          [北山台杉の前で]

 スギ(スギ科スギ属) :常緑の高木。樹高は40m、直径2mにも生長し、建築資材として植林の主要樹種。写真のように磨き丸太の柱や梁、戸、板材等など多様な建築資材として重宝されている。 

 

 

 

[スギを使った住宅と、手入れの行き届いた北山スギ林]

          

 

<台杉のことは、藤田林業まで 電話075-861-0794>

<藤田林業のホームページhttp://www.fujita-ringyou.jp/(外部リンク)

 

<元気な山人>に戻る

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?