ここから本文です。

こだわりの原木生シイタケ生産

小山忠成さん(宇治田原町)

  •  綴喜郡宇治田原町在住
  • お仕事の内容 : お茶と原木生シイタケの複合経営
  • 高校卒業後、製茶法を修行し、家業の茶業を継ぐ。シイタケ生産は冬に出来る副業として25年目。 
  • 特用林産功労者表彰(H20)、京都府生しいたけ品評会(京都府知事賞受賞(H18、H19))
  • 茶が主で、シイタケは副業として家族共同で作業している。

工夫していることやこだわり

ハウスでの収穫作業

  • 中国産には真似できないような原木の生シイタケにこだわる。
  • その栽培法は環境が大切、自宅そばのハウスで適切な温度管理に注意している。

一番苦労した事は?

  • 昔のように作れば売れる時代でない。売り方の工夫が求められている。

やってきて良かったと思ったことは?

  • JAの直売所「宇治茶の郷」や「くれどき市」で生産者自らが「原木生シイタケ」をPRすることで消費者の反応がつかめたこと、また、新たな販路が開拓できたこと。

夢は?

  • 個人ブランドでも食の安心安全が確保できるようによいモノを作っていきたい。

シイタケの良さをアピールしてください

  • 原木シイタケの、優れた香り、肉厚で歯ごたえのある食感を味わってください。

 

<元気な山人>に戻る

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?