ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 林業振興課の業務について > 山の中に事務所のある山城町森林組合のホープ

ここから本文です。

山の中に事務所のある山城町森林組合のホープ

高地大樹さん(木津川市)

  • 山城町森林組合作業員 6年目
  • 森林組合の作業員4名の中で、一番の若手。
  • 街もいいけど山はもっと好き
  • 平成20年度グリーンワーカー研修で、森林施業に必要な専門的技術・知識・資格を習得し、グリーンワーカーに認定される。
  • お仕事の内容 : 放置竹林の拡大を防ぐための竹の伐採作業が多い。そのほか、間伐、枝打ち、植林、下刈り作業や、山城町森林公園で土日祝日の接客などの管理業務を手伝う。

工夫したこと、こだわり

  • 親方の言うことを忠実にこなすこと。

一番苦労した事は?

  • 森林組合に入って2日目にはひどい筋肉痛で辞めてしまおうと思った。
  • しかし、その時に踏ん張って、今まで続けてきて本当によかった。

やってきて良かったと思ったことは?

  • 竹の拡大を防ぐために竹を伐採すること。
  • また、その竹をチップや炭にして再利用することで山城の自然を守ることに役立っている。

これからの夢は?

  • 自分の子供に山城の美しい自然を残していきたい。

森林の良さをアピールしてください(仕事のPRを)

  • 私が小学5年生の時、学校林の実習で森林組合の人が木登りするのを見て感動した。
  • 先日、母校の学校林実習(自然教室)で木登りをして枝打ち作業を披露した。
  • これからも子供たちに山の手入れの大切さ、山を愛することをPRしていきたい。
  • でも、本当は枝打ちで高いところに登るのは好きではない。

 

<元気な山人>に戻る

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?