ここから本文です。

府民利用施設等木質化事業

府民利用施設等木質化事業

「豊かな森を育てる府民税」を活用して、京都府の庁舎や公共施設、府立学校等への木製品の導入を進めています。

府民の方々が多く利用する施設を木質化することで、木材に囲まれた快適な空間を提供し、さらには森林の適切な整備に繋げます。

 

事業の目的

・温かみのある空間を創出すること

・京都府産木材を身近に感じてもらうこと

・京都府産木材利用の意義を伝え、理解してもらう契機とすること

  

京都府産木材を使用しています

京都府産木材の良いところ

・再生可能な自然素材なので循環型社会の構築を推進できる

・地産地消なので木材の輸送過程で発生するCO2排出量が少ない

・間伐材などを利用することで、地域の森林整備を推進できる

循環利用

  豊かな森を育てるためには、森林資源の循環利用を進めることが大切です。

 

平成28年度 事業実施箇所

 お近くの施設にも京都府産木材を使った製品が導入されているかもしれません。

28府民利用施設等木質化事業

28府民利用施設等木質化事業実施一覧表

実施箇所の地図(PDF:353KB)

一覧表(PDF:197KB)

28導入事例

写真(PDF:512KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部林務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

rinmu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?