ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 林業振興課の業務について > 森林・林業、木材利用に女性の力を

ここから本文です。

森林・林業、木材利用に女性の力を

林業女性グループ「樹々(じゅじゅ)の会」

 

京都市右京区京北地域で結成されている林業女性グループ「樹々の会」は、山村地域で生活と結びついた積極的な活動をされています。

樹々の会代表である一瀬裕子さんに、会の概要や活動についてお話をお聞きしました。

 

【写真中央が、樹々の会代表の一瀬さん】

   

 

会の結成のきっかけを聞かせてください。

平成10年度に、京都府京北地方振興局(当時)が「林業教室女性コース」を開催され、そこで現場体験や視察研修、交流会などを通じて学ぶうちに、受講生の中から女性の立場で林業に参画、林業の応援ができないかという意識が芽生えるようになりました。

「仲間と一緒にもっと勉強を続けたい」という思いが高まり、林業教室が終了する平成11年3月に、受講者だけでなく地域の女性(北桑田郡内)にも広く呼びかけを行い、林業女性グループ「樹々の会」が結成されました。

会の発足当時は、美山町の会員も一緒に活動していましたが、平成17年の京都市との合併を機に会を離れられ、現在では、京北地域の女性を中心に活動を行っています。

現在の会員は21名で、林家の主婦でない人も多く所属しており、そのことが会の特徴となっていると思います。

 

【ウオーキングで、楽しみながら森林について学習】

 

   

会の活動内容を聞かせてください。

「現場に学ぶ、人に学ぶ」をモットーに活動を行っています。

女性だけの森づくりから始まり、京北森林公園や合併記念の森など様々な場所で活動を行ってきましたが、現在はキノコ栽培(マイタケ、シイタケ等)を中心に活動を行っています。

特に、マイタケつくりについては、森林組合から指導も受けながら、原木の袋詰め、原木の植菌、伏せ込み、草引き、水やりなどの作業を当番制で行っています。マイタケの発芽、収穫を楽しみに作業し、収穫時には販売ができるまでになってきました。

私たちが栽培に取り組んでから、地元でマイタケ振興会ができ、地域の人で栽培に参加する人もだんだん増え、現在では市場へも出荷されるまでになっています。マイタケ栽培を通じて、地域活性化につなげることができたと思います。

また、マイタケなどの森の恵みを通じた交流会も会の大きな活動です。

平成24年10月には京都府でも一番大きな女性組織「ステップあけぼの女性の船」の京都支部ともマイタケ栽培・マイタケ料理の研修交流会を開催するなど、いろいろな形で都市の人たちとの交流活動を進めています。

 

 

 

 

 

【マイタケ伏せ込み作業】

 

 

 

 

一番苦労したことは?

マイタケ栽培の際、馴れ合いもあったのか、植菌の段階でカビができて行き詰まり、原因追及の話し合いでもめ事もあり、一時は会がどうなることかと思うほどの時がありました。しかし、このことを踏み台にして、会の中で活動の取組について反省することができ、一層団結を強めることができました。

現在では、自分たちで植菌したすばらしい原木もつくることができるようになり、昨年も予定どおりの伏せ込みを行い、立派なマイタケが収穫できました。

 

【立派に発生したマイタケ】

 

 

会の自慢を聞かせてください。

会員の一人一人が会の代表者であり、現場の作業員であって、また、その一人一人が個性あるアイデア付きの発言者です。このような人材揃いの粒揃いなのが会の誇りです。このことは、今まで意義のある活動を行ってきた証だと思っています。

 

 

【道の駅イベントでの山菜天ぷらのふるまい】

 

 

これからの活動について聞かせてください。

平成24年度から新たに、「京都市合併記念の森」で行われる『樹々の里親』プロジェクト(森林内の多様な樹を育てる里親になり、森に戻す活動)をはじめとする森づくり、環境整備の活動に参加しています。

森の一部(約3ヘクタール)で、是非森づくりに参加してもらいたいとの要請を受け、どれだけ取り組むことができるか不安な面もありますが、今までどおり前向きに取り組んでいきたいと思っています。

もう一つ、私たちの望みは、私たち女性が消費者の目線で山林を理解し木材の商品化など木材の需要拡大へと結びつけることです。女性の声とパワーが一番大事だと思います。また、様々な政策の意志決定過程の場で、女性の声が反映されるようになることを願っています。

 

【京都市合併記念の森での自然観察会】

 

 

~ちょっと一口コラム~

 

(一瀬代表の)好きな樹木は何ですか?

 

スギ:まっすぐ伸びるところが好き。

スギ一本一本も好きだが、京北にある美林の景観が気持ち良くて好き。

先日、登った愛宕神社にあるスギの大木には、たくましさや歴史を感じほっとした。

 

神杉の  もとや愛宕の  春灯              裕子

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?