ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 京都府 きょうと森の通信局 > 京都の木のまち拡大事業(平成31年度新規事業)

ここから本文です。

京都の木のまち拡大事業(平成31年度新規事業)

環境にやさしい京都の木の家づくり支援事業の廃止について

環境にやさしい京都の木の家づくり支援事業(旧事業)は平成30年度をもって廃止することとしていますので、適切に交付申請を行ってください。

なお、平成30年度中に計画承認を行った案件については、平成31年6月までの期間において、予算の範囲内で旧事業での交付申請を受け付ける予定です。

また、住宅等への支援は平成31年度から新規に実施する京都の木のまち拡大事業において、引き続き実施する予定ですが、補助額等が変更されますので、注意願います。

【想定スケジュール】

図:旧事業(交付申請4月以降予算がなくなり次第受付終了)。新事業(計画書4月~、交付申請7月~)

 

京都の木のまち拡大事業(平成31年度新規事業)

平成31年度から新事業が始まります。

1.制度の趣旨

京都府の公共施設、民間の商業施設、福祉施設、住宅などにおいて、京都府産木材(ウッドマイレージCO₂認証木材)を利用した木造化や木質化、木製品の導入等を支援します。

2.事業概要

(1)建物型
  1. 京都府産木材を使用した建物の建築等の支援
    対象施設:緑の事業体が施工した住宅、商業施設、福祉施設 等
    (対象施設を住宅に限らず、拡大する)
    事業主体:緑の事業体

補助額:別表に示す(1)から(3)の合計額(上限を40万円(多子世帯用住宅の場合60万円)とする)

表:区分と補助額、減額

注※詳細な手続等は確定次第掲載します。

 

2. 多くの府民が利用する民間施設の木造化・木質化での京都府産木材利用を支援

対象施設:緑の事業体が設計した、多くの府民が利用する建築物
事業主体:施主(緑の事業体と連携したものに限る)

(2)木製品型
  1. 多くの府民が利用する民間施設における京都府産木材を使用した木製品導入支援
    事業主体:施主
  2. 多くの府民が利用する府有施設に京都府産木材を利用した木製品を導入
    事業主体:府

お問い合わせ

農林水産部林務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

rinmu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?