ここから本文です。

第15回京都労働経済活力会議

京都府を取り巻く雇用情勢、雇用対策における重要課題について、行政・労働者団体・使用者団体の代表が話し合う第15回京都労働経済活力会議が平成30年10月10日に開催されました。府内の有効求人倍率が平成29年5月以降1.5倍を超え、業種・地域を問わず人手不足が深刻化しており、労働力人口が減少する中で、事業を承継する後継者等、経営者も含めた人づくり、人材確保対策に重点をおき、オール京都体制で次のような方向で取り組むことを確認しました。

  • オール京都で働き方改革を進め、労働生産性の向上、従業員のキャリアアップを図り、正規雇用化の促進、人づくり・人材確保に取り組むことで、一人ひとりの心豊かで文化的な生活を実現し、京都企業の持続的な成長を強力に支援する。
  • 仕事と家庭の両立に向け、短時間正社員など、多様で柔軟な働き方の仕組みづくりを進めるとともに、「働き方安心社会」の実現に向け、女性、若者、障害者、高齢者、外国人等多様な働き手が自らの希望を叶えられるよう支援する。
  • 子育て環境日本一を目指し、家庭、地域、企業と一丸となって、出会い・結婚支援から、出産・子育て、教育、就労支援など一貫した取組を進めるとともに、介護との両立支援も実施する。

 

日時

平成30年10月10日(水曜日)8時~9時

場所

京都府公館レセプションホール

出席者

  • 京都府知事 西脇 隆俊
  • 京都市長 門川 大作
  • 京都労働局長 髙井 吉昭
  • 連合京都会長 橋元 信一
  • 京都経営者協会会長 小畑 英明

議題

  • 京都ならではの働き方改革と人材の確保・育成

結果

関係資料・ホームページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部人材確保・労働政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5092

jinzairodo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?