ホーム > 産業・しごと > 労働 > 働く人に役立つ情報 > 令和2年度 京都府若者就職支援施策等実施方針を策定しました

ここから本文です。

令和2年度 京都府若者就職支援施策等実施方針を策定しました

京都府若者就職支援施策等実施方針の策定について

京都府若者就職支援施策等実施方針は、「京都府若者の就職等の支援に関する条例」(平成27年京都府条例第46号)第6条に基づき、若者の雇用の安定と職業能力の向上を図るため、京都府が講じる若者就職支援施策等の方針を示すものです。
なお、施策の実施に当たっては、国、市町村、若者の就職等の支援を行う団体その他の若者の就職等に関する関係者と連携・協働して取り組むものとしています。

令和2年度施策の方針

新型コロナウイルス感染症の雇用への影響や、少子高齢化等による生産年齢人口の減少を踏まえて、将来を支える若者が、安定しながら働くことを通じた自己実現と、女性、障害者、高齢者、留学生などを含めたダイバーシティの実現を目指して以下の施策方針を定める。

  • 京都で学んだ学生の京都府内での就職を促進するため、低回生時のキャリア形成・京都企業の魅力発信から卒業年次の就活支援までの一貫した取り組みをパッケージ化し、モデル校において実施
  • 大学のキャリアセンターと共同で、早期離職した方を把握・支援できる体制を構築するとともに、ジョブパーク・学生就職センターにおいて学生等への支援を実施
  • 京都労働局、京都府、京都市及び経済団体等で設立した「京都府中小企業人材確保推進機構」を中心に、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、WEBを活用しながら、相談から京都ジョブ博やインターンシップ見本市の開催まで、学生の就職活動への不安を払拭するとともに、京都産業を支える中小企業の人材確保をオール京都で推進
  • 府立高等技術専門校では、府立高校等との連携において、府立高校等の1年生や2年生を対象とした職業訓練を体験できる機会(ハロトレ体験会)を設けることで、若年層からの職業観の醸成や職業意識の向上等を推進
  • NPO等と連携し、ひきこもり等の就職困難者の基礎的訓練からインターン、定着までを支援するとともに、支援を受けた若者の雇用主の認証制度を推進
  • 女性の労働力率が結婚・出産期に当たる年代に一時的に低下する現状を踏まえ、就労を希望する子育て世代をはじめとした多様な人材が、安定的な雇用により活躍できる社会を実現するため、「京都ジョブパークマザーズジョブカフェ」における支援や、子育てにやさしい職場づくり行動宣言を通じた多様な働き方の推進に向けた補助制度の拡充などを図り、子育てしやすい職場環境づくりに向けた企業改革を促進
  • 中小企業の人材確保と従業員の定着及び若者の負担軽減を図るため、従業員の奨学金返済支援を行う中小企業の更なる開拓・支援
  • いわゆるブラックバイト対策やワークルール等教育を推進していくため、京都労働局と府市で構成する「京都ブラックバイト対策協議会」や府市教育委員会、大学、労働団体を加えた「ワークルール等充実会議」を設置し、若者の就労環境の整備・改善を推進

 

令和2年度京都府若者就職支援施策等実施方針(PDF:400KB)

実施方針の詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部人材確保・労働政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5092

jinzairodo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?