ホーム > 土砂災害防止月間の絵画・作文を募集します。

ここから本文です。

土砂災害防止月間の絵画・作文を募集します。

 

令和元年6月1日 

京都府建設交通部砂防課 

075-414-5316 

 

国土交通省及び都道府県では、土砂災害防止に関する理解と関心を深めるため様々な取り組みを実施しています。その一環として、次世代を担う小・中学生の皆さんを対象に、土砂災害防止に関する絵画・作文を以下のとおり募集します。なお、応募していただいた作品のうち、優秀作品は国土交通省から表彰されます。

 

1.募集対象

京都府内の小・中学生

 

2.募集部門

  • 絵画の部
    題材:土砂災害及びその防止対策に関するもの
    • 土石流、地すべり、がけ崩れなどの土砂災害の体験やようす
    • 土砂災害の恐ろしさを訴えるもの
    • 土砂災害防止施設(砂防堰堤・がけ崩れ防止施設)や、それらを造っているようすまたはそれが役に立っていることが分かるもの
    • 防災訓練、避難などの体験やようす

 ※標語(発信内容が伝わるもの)を入れていただくとメーセージ性が高まり、効果的です。

 

 様式:作品の種類(絵画・画板・貼絵・ポスターなど)やサイズ、表現方法(絵の具、パス、版形式など)は自由です。

 作品の裏面に、絵の題名、応募者の学校名、学年、氏名及びふりがなを必ず明記してください。

 ※詳細は通われている小・中学校までおたずねください。

 

  • 作文の部
    題材:土砂災害及びその防止対策に関するもの
    • 自分が体験した土砂災害について思ったこと
    • 土砂災害を防止する施設を見学して思ったこと
    • 防災訓練などに参加して思ったこと
    • 学校の勉強や日々の生活を通して、土砂災害の防止について思ったこと
    • テレビやラジオで土砂災害のニュースを見て思ったこと
    • おじいさんやおばあさんなど年上の方から土砂災害の話を聞いて思ったこと
    • 土砂災害から自分や家族の身をまもること(自助)、地域の人たちと助け合うこと(共助)の大切さについて思ったこと

 様式:400字詰めの原稿用紙で、小学校低学年(1~3年生)は2枚程度、小学校高学年(4~6年生)は4枚程度、中学生は5枚程度としてください。

作文の冒頭にタイトル、応募者の学校名、学年、氏名及びふりがなを必ず明記してください。

※詳細は通われている小・中学校までおたずねください。

 

 

3.募集期間

 令和元年6月3日(月曜)~9月13日(金曜)

 

4.優秀賞等受賞者の発表

令和2年2月頃

 

5.その他

 ・提出する際は募集期間を過ぎることのないように注意してください。

 ・応募作品は、土砂災害防止月間の広報活動のための広告、展示等により公表することがありますので、御了承ください。

 ・応募作品は返却できませんので御了承ください。

 ・応募は原則として、通われている小・中学校を通じてお願いします。

お問い合わせ

建設交通部砂防課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-432-6312

sabo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?