ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社キョークロ (京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社キョークロ (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

specialpartner1 gojyuuonnjyunn mono 京都試作ネット    

進化する表面処理総合企業・キョークロ

(掲載日:平成28年9月20日、聞き手・文:ものづくり振興課 足利)

kyochro01
 株式会社キョークロ(京都市山科区)の寺田代表取締役社長様にお話をおうかがいしました。

微小ねじに、薄い、強い、安い表面処理

まず、事業の概要から教えてください。

寺田) 「ねじ」をはじめとする金属部品へのめっき、塗装などの表面処理を行っています。

-めっきは、種類も多く、用途も多彩ですね。

寺田) そうですね。身の回りにある金属には、ほぼ全て「めっき」が施されています。アクセサリーの金メッキなどでおなじみの「装飾」のほか、当社が得意とするのが「防錆(耐食)」「機能付与」のために用いられます。防錆の方法は実に多様ですが、例えば本体素材の鉄より錆びやすい亜鉛をめっきとして施せば、めっき部分が先に錆びている間、本体素材の鉄は確実に守られるわけです。また、機能付与については、例えば、建材に黒くめっきをすると表面が反射しにくくなる、金型の内側にめっきをすることで成形物を外しやすくする、電気系統部品にめっきをすることで電流がスムースに流れる、などといったことになるわけです。

-御社の特長はいかがでしょう?

寺田) 私たちの暮らしや産業の様々なところで使われている「ねじ」への表面処理を主力としています。小さなものでは2mm以下のものもあり、被膜を薄くしなければなりません。一方で、高圧・高温など過酷な状況の中で用いられることも多く、精度を維持するためには、高い防錆性、耐摩耗性を実現しなければなりません。加えて、微小部品であるため、低コスト化も求められます。

kyochro02 kyochro022

「めっき+塗装」の複合表面処理で、無限のニーズに対応

-それらを同時に実現するには、高い技術力が必要なのでしょうね。どうされているのですか?

寺田) 高価な材料を使えば、高機能な表面処理ができるでしょうけれど、当社では、広く使われている「亜鉛」の安さと防錆の強さに着目し、重用しています。防錆は亜鉛でフォローしながら、そこに塗装、樹脂コーティングなどを組み合わせた「複合表面処理」を行っています。これにより、高い耐食性・耐摩耗性の実現、表面被膜の硬さのコントロール、カラー化等を実現しています。

kyochro03 kyochro04

-なるほど。

寺田) ねじだけでなく、塗装やコーティングも手掛けていますと、無限に技術力を高めていくことに繋がります。フッ素樹脂のように、どんどん新しい材料が登場してくるからです。しかも、めっきにおいても、最近は本体素材が鉄だけでなく、アルミなども増えてきています。そして、もともと「ねじ」自体、「軽い力でたやすく締まるように」「緩まないように」「外気に強く劣化しないように」など、新しいニーズがどんどん出てくるアイテムです。こうして尽きることのない無限のニーズに対し、その都度技術を磨き対応すれば、当社も無限にレベルアップしていくことができます。

研究開発力×24時間体制

-素晴らしいですね!これまでも前向きな取組を続けてこられたとお伺いしています。

寺田) そうですね。亜鉛フレークを主成分とする耐塩害性・耐熱性に優れた「タグロイズド」は、関西で初導入しましたし、「マグニ処理」は、米国ゼネラルモーターズ社規格に対して国内初の認定工場となりました。また、当時では異例の、バレルの自社開発も行いました。ふたのない、たこつぼ型の滑らかなフォルムで、薬液の流動性・通電性を向上させたものです。こバレルの導入により生産ラインを自動化し、24時間体制で稼働しています。試作開発部門として、別会社ネオノアを設立しており、セラミック樹脂塗装など蓄積してきた技術を活かして、600℃の高温にも耐えるコーティングも開発しました。

kyochro0501 kyochro0502 kyochro0503

-記憶に残る開発、印象に残る開発としては、どんなものがありましたか?

寺田) リニアモーターカーの摺動部品の表面処理は印象に残っていますね。超高速摺動という過酷な環境から部品を守る耐久性と絶縁性を、という要望に応えられる薬剤や処理法を求めて、試行錯誤を重ね、材料メーカーと共同で、完全無機質のセラミックコートの加工技術を開発しました。

kyochro06

-今後の展望はいかがでしょう。

寺田) 表面処理は、様々な用途で、様々な付加価値をもたらすことができるものです。表面処理を行う企業どおしがグループを組んで、多様な世の中のニーズに応えていく、ニーズを創造していくようなことができればと思います。

kyochro08

 

同社の今後の展開がますます楽しみです。

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?