ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社ティ.アイ.プロス (京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社ティ.アイ.プロス (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

specialpartner1 gojyuuonnjyunn mono 

kyoutoquolitytitle2

熊本地震被災地への支援に係る感謝状贈呈式

 (掲載日 平成28年12月16日 ものづくり振興課)

kumamotokannsya

熊本地震の際に、株式会社ティ.アイ.プロス様に洗髪システム「シャンプースチーマー」をご提供いただき、本日、開催されました感謝状贈呈式に杉本社長様にご出席いただきました。御支援、御協力誠にありがとうございました。

シャンプースチーマー 熊本県へ贈呈

tipkumamoto01 tipkumamoto02

(掲載日 平成28年8月23日 ものづくり振興課)

シャンプースチーマーを、被災された方々のQOL向上に-

平成28年8月23日(火曜)、熊本県庁にて、株式会社ティ.アイ.プロス(本社:城陽市、工場:宇治市)の新開発商品「シャンプースチーマー」の贈呈式が行われ、同社の杉本社長、杉本課長、ならびに京都府が出席し、熊本県田嶋副知事様にお渡ししてまいりました。

株式会社ティ.アイ.プロスは、国内でも数少ない理美容室向け業務用ヘアースチーマーのメーカーです。理美容室では休業日に福祉施設等向けに理美容サービスを提供されることがありますが、洗髪が人によっては体の姿勢を変えたりするのが難しいなど課題が多い要素だそうです。そんな中で「パーマやカラーで使用するヘアースチーマーを、シャンプーに応用できないか」という要請があり、「シャンプースチーマー」の開発を進めてらっしゃいました。
そんな折に、熊本地震が発生いたしました。京都府からの要請もあり、避難所を始めとする被災地の方々が、プロの理美容師でなくても扱えるよう安全性や操作性等を高めた、改良版の「シャンプースチーマー」を開発いただき、今回、熊本県にご提供いただいたものです。

業務用ヘアースチーマーで培ってこられた同社の高度な潜熱コントロール技術。これにより、潜熱蒸気がキューティクルの隙間から髪の中にしっかり入り込むため、髪はしなやかに、そして、毛根の皮脂成分も飛ばしてしまうため、頭皮はすっきりとなります。
田嶋副知事にも体感していただきました。

tipkumamoto03

多くの地域に甚大な被害をもたらせた今回の地震。益城町などでは、倒壊した家屋が未だ多く残っており、言葉を失いました。未だに操業の目途が立たない工場、事業所も多く、大変厳しい状況です。そして、熊本は京都を凌ぐ暑さでした。暑い夏がまだまだ続く中、長引く避難生活でお疲れの皆様に、少しでもお役に立てればとの願いで、熊本県を介して、益城町や西原村の避難所等にご提供いただきます。

使用方法は次のとおりです(県の担当者の皆さんによる、使用方法の実習の様子)。

tipkumamoto04
(スチームで髪をなじませ、専用シャンプーにて髪や頭皮を揉み、スチームでシャンプーを飛ばします。)

 

シャンプースチーマーシステム(株式会社ティ.アイ.プロス

tip01

(掲載日 平成28年3月15日 ものづくり振興課)

 株式会社ティ.アイ.プロス(外部リンク)の杉本社長、柏木技術開発部長、杉本営業部課長にお話をおうかがいしました

国内でも数少ないヘアースチーマーのメーカー

まず、御社の概要、事業の概要を教えてください。

社長) 1995年設立、業務用の理美容機器製品の開発と生産を行っています。特に、主力製品である美容室等向けのヘアースチーマーは、独自開発のノウハウを多く搭載した機器となっています。また、このヘアースチーマーは、大手業容用理美容機器メーカー向けにOEM生産も行っております。

―ヘアースチーマーですか。床屋さんなどで、大きなヘルメット式で、頭全体を覆う加熱機器をよく見かけるのですが。

社長) ヘアースチーマーは、パーマやカラー時の薬剤の効果促進、髪へのダメージ抑制のために用いる促進器です。わかりやすく言いますと、一般的な加熱タイプの促進器は、髪の毛一本一本を表面から温めてパーマやカラーリングの反応促進を行っており、反応促進の効果が低いために、強い薬剤を使用して長時間の施術を必要としています。一方、当社のヘアースチーマーは弱い薬剤で短時間の施術が可能です。従って、髪へダメージを与えず、むしろ、髪をケアできることが特長です。

―どういう原理ですか?

部長) 髪表面のキューティクルの隙間から気体である水蒸気と薬剤を入れて、髪内部の細胞に作用させるというのが、大まかなイメージですが、当社の場合、この「原理」を徹底的に追求し完璧にコントロールしているのが、他社スチーマーとの違いです。

tip02

オリジナル技術「潜熱×ナノ分子」で抜群の効果を発揮

―どういうことですか?

部長) まず、水を約4.気圧の状態まで加熱すると約150℃で「潜熱」と呼ばれる熱量を持った飽和状態の蒸気(気体)になります。その蒸気は、文献によると約0.26nm(1nmは、1mmの100万分の1)という極めて小さい水分子の「ナノスチーム」です。このナノスチームを毛髪表面に噴射すると、薬剤を引き込みながら、キューティクル間(約1nm)の通り道を深く浸透していきます。この際に、潜熱蒸気(気体)は、毛髪内部に当たり冷却されて水(液体)になります。蒸気(気体)が水(液体)になると潜熱(凝縮熱)を放出して熱を発します。つまり、髪の内部で熱を発して薬剤の反応を促進させ、水による潤いを内部で与えます。従って、弱い薬剤でも短時間での施術が可能となり、髪のケアもできるということになります。

―すごいですね。ユーザーの視点ではどのような効果がありますか?

部長) OEMをしている関係上、積極的に広報していませんが、自社商品の「Lapreラプレ」を例に挙げますと、施術時間が短縮できる、髪がしなやかになり、カラーの発色も持ちもいいので、リピーターが増えたと、業界関係者からは好評を得ています。マイナスイオンを発生しヒーリング効果も得られますよ。

tip03

少人数でも完成品まで作れる秘訣― バラエティに富み柔軟性のある社員

―開発・生産体制はどういったものですか?

社長) 加工工程は協力工場に外注しながら、企画・開発から最終組立、検査まで一貫対応しており、小さい規模の会社ながら、完成品を作るところまで対応しているところは珍しいと思います。

―どうして御社にはそれができるのですか?

社長) まずは、先ほど申したように「原理」を追求する開発力。次に、ISOに準じた品質管理を行っており、だからこそ大手メーカーがOEM生産を任せてくれています。そして3つ目として、以上の2つを支えているものでもありますが、化学、機械、電気など様々な専門分野の従業員を有していることです。各専門分野の展示会等はできるだけ見に行かせていますし、専門分野に凝り固まらない柔軟な思考をそれぞれがもっております。幸いにも少人数故に、違う分野どおしでも意見交換や連携がとりやすいのです。

介護、病院の現場で使えるシャンプースチーマーシステム

tip01

―なるほど。では、今回新たに開発されたシャンプースチーマーシステムについて教えてください。

課長) いわゆる「ヘッドスパ」でして、介護の現場等で使っていただけるように、専用に開発したスチーマーのスチームを当てることで、お湯で洗い流すことなくシャンプーができます。先ほどのヘアースチーマーの技術を応用したものですが、「潜熱」蒸気(気体)に、敢えて水(液体)を少し加えています。
 まずは、水をポンプで自動的に給水するタイプの「ラプレ シャンプースチーマーAT」と手動で給水するタイプの「ラプレ シャンプースチーマーMA」の機器を市場導入する予定でおります。
 また、「ラプレ シャンプースチーマーAT」は、オプションで、身体用のスチームを搭載する予定です。

―どういうことですか?

課長) お湯で洗い流さないシャンプーシステムは、既にドライシャンプーと呼ばれるものがありますが、アルコールが主成分で、タオルでふき取ることで、殺菌効果と清涼感が得られます。一方、今回の当社のシャンプースチーマーは、潜熱蒸気(気体)と専用に開発したシャンプー剤で洗浄効果を高め、水滴(液体)の勢いで毛根などの皮脂成分を浮かします。蒸気と水で「温まったなあ」という、お風呂に入った、シャワーを浴びたのに近い感覚を得てもらえるものです。

―これまたすごいですね。開発されたきっかけは?

課長) 美容室から相談があったのです。介護を要する方々にシャンプーをする際には、準備や後片付けも結構な手間がかかりお互いに大変だ、当社ならなんとかならないかと。

―御社の開発力を、業界の方々はよくご存じなのですね。では、最後に今後の展望について、教えてください。

社長) そうですね。まず1つは、業務用製品で培った技術・ノウハウを活かして、家庭用製品も展開し、製品ラインナップを増やしていきたいですね。もう1つは、機器だけでなく消耗品も取り扱い、メンテナンスも事業領域に加えることで、開発からサービスまで事業の幅を広げていきたいですね。

 

全国にも珍しいお取り組みをされてらっしゃる同社の今後の展開がますます楽しみです。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5103

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?