ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 映像・映画のオープンイノベーションシンポジウムの御案内

ここから本文です。

映像・映画のオープンイノベーションシンポジウムの御案内

 これからの映像・映画コンテンツは、より高度な付加価値やアイデアが求められるとともに、産業的活用が大いに期待される分野です。このような時代に対応するには、映像業界のトレンドはもちろん、映画史による普遍的なものや、最先端テクノロジーの情報などが、新たな発想につながると考えます。
 こうしたことから、コンテンツ産業・ものづくり産業の更なる発展を願って、映画事情発祥の地“太秦”で『ビジネス構築』や『共同研究』につながるシンポジウムを開催します。中小・ベンチャー企業、クリエイター、映像・映画制作会社、アーキビスト、研究者など映像・映画に携わる方や、ビジネス・研究に活用したい方など、幅広い方々のご参加をお待ちしております。

開催日時  平成29年3月6日(月曜日) 
         14時00分~17時00分(受付開始13時30分)
会場      東映京都撮影所試写室 
 内容
14時00分– 特別講演 「映画復元の魅力 -京都で育まれた80年の伝統技術-」
講演者|松尾 好洋氏(株式会社 IMAGICAウェスト 映像事業部 フィルムプロダクション・ディビジョン)

14時50分– 質疑応答

15時00分– 講演  「 3次元ビデオ技術とその応用」
講演者|延原 章平氏(京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻映像メディア分野)

15時40分– 質疑応答
      
16時00分– 講演  「映画研究とアーカイブ」
講演者|木下 千花氏(京都大学 大学院人間・環境学研究科 准教授)

16時40分– 質疑応答

16時50分– 閉会

参加費 : 無料(要事前申込み)
主 催 : 京都クロスメディアパーク推進会議
協 力 : 国立大学法人京都大学、東映株式会社、京都府

開催チラシ

映像・映画のオープンイノベーションシンポジウムチラシ(PDF:2,535KB)           


○参加を希望の方は、以下のいずれかの方法でお申し込みください。
1)MAIL:件名を「映像・映画オープンイノベーションシンポジウム参加」としたうえで、
 1.お名前、2.所属(会社名)、3.ご連絡先(メールアドレス)をご記入の上、お申込みください。
2)FAX:チラシ裏面下部の申込み票にご記入いただき、送信ください。
3)TEL:1.お名前、2.所属(会社名)、3.ご連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレスのいずれか)を下記までご連絡ください。
お申込み先 京都クロスメディアパーク推進会議事務局 京都府 商工労働観光部 ものづくり振興課
TEL 075–411–5106 FAX 075–411–4842 MAIL monozukuri@pref.kyoto.lg.jp
お申込み期間 3月3日(金曜)迄 ※定員に達した場合のみ折り返し、不可の連絡をいたします。

京都クロスメディアパーク推進会議とは

  太秦エリアを中心とした産学公による人材育成・技術継承、産学共同研究開発(映像制作・編集・配信等の技術開発)、中小・ベンチャー育成支援、情報発信等の機能をあわせもつ一大メディア拠点である「京都クロスメディアパーク」を形成し、新産業・高付加価値を創出することにより、コンテンツ産業の振興を図ることを目的とし、全体構想の協議、産官学の団体、機関等が実施する事業への協力、情報交換等を推進するために下記の企業・大学・行政により結成。

構成団体:松竹株式会社・株式会社松竹撮影所・大日本印刷株式会社・東映株式会社・株式会社東映京都スタジオ・京都大学・立命館大学・京都文化博物館・京都府・京都市など

問い合わせ

京都クロスメディアパーク推進会議事務局(京都府ものづくり振興課内)

TEL:075-414-5106

FAX:075-414-4842

e-mail:monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5106

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?