ここから本文です。

丹後地域

自然と歴史をいかしたやすらぎ、ふれあい交流圏

現在までつながる伝統産業、地場産業

丹後地域の産業の基盤をなすものは、日本国内有数の絹織物産地を形成する丹後織業であり、「丹後ちりめん」の知名度は全国に広がっています。この地域には数多くの伝統産業、地場産業が集積しており、これらの産業を支えてきた質の高い労働力は、企業にとって大きな魅力となるものです。

 

基幹産業の機械金属工業

近年では、繊維工業に代わって機械金属工業がそのウェイトを高めてきており、工業団地を造成し企業導入を進めています。平成20年には「丹後・知恵のものづくりパーク」を整備し、「京都府織物・機械金属振興センター」、「(財)京都産業21」の力強いバックアップの下、機械金属産業の総合産地としてさらなる発展を遂げようとしています

アメニティ豊かな環境

丹後地域は、日本三景の天橋立をはじめとした景勝地が連なる海岸地域と、自然と歴史遺産が残る内陸部の風光明媚な地区として、数多くの観光資源に恵まれています。また、丹後地域への高速道路網も積極的に整備が進んでおり、豊かな食の素材・製品を活かした、「丹後・食の王国」構想が進められているところです。

 

 

 

お問い合わせ

商工労働観光部産業立地課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

richi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?