ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 動物の飼養管理と愛護について > 令和2年度動物愛護写真コンクール入選作品

ここから本文です。

令和2年度動物愛護写真コンクール入選作品

京都府と京都市では、動物愛護に対する理解と関心を深めていただくため、動物愛護週間(毎年9月20日から9月26日まで)の普及・啓発の一環として、「人と動物とのふれあい」をテーマに「動物愛護写真コンクール」の作品を募集しております。今年度は230点もの応募がありました。平成29年度より、動物愛護センター保護動物の譲渡事業周知・推進を目的として譲渡動物特別賞を、また今年度は、おうちでなかよし特別賞を設け、審査の結果、特選『大きな木の下で』をはじめとする入選作品9点が決定しましたので、お知らせします。

入選作品(敬称略)

特選 ( 1 作品)

作品名 『大きな木の下で』

京丹後市在住 金久 昌和(かねひさ まさかず)さんの作品

 

tokusen02

審査講評

飼主さんは、ひと休み、向かい合った犬は、遊びたくてたまらないようです。その中で、飼主さんを休ませてあげる気遣いが見え隠れしています。

そのお互いに思う気持ちが、銀杏の木に表れているようで、心温まる「人と動物とのふれあい」というテーマにふさわしい作品です。

譲渡動物特別賞 ( 1 作品)

作品名 『シャワーにがて』

京都市在住 井上 麻由(いのうえ まゆ)さんの作品

jyouto

 

審査講評

犬のしぐさから、本当に苦手な様子が愛らしく感じます。

しかし、その姿を見ると、犬も家族も互いに信頼をしていることが伝わり「譲渡動物特別賞」にふさわしい作品です。

おうちでなかよし特別賞 ( 1 作品)

作品名 『もう1ヶ月経ったんだね』

京都市在住 松下 明莉(まつした あかり)さんの作品

 

outidenakayosi02

審査講評

猫のしぐさから、1ヶ月の間に一生懸命赤ちゃんのことを見守ってきたことが伝わってきます。これからますます、仲良しになっていくことが感じられる写真で「おうちでなかよし特別賞」にふさわしい作品です。

金賞 ( 1 作品)

  • 作品名:自分の足で歩ける喜び
    宇佐美 美希(うさみ みき)(京都市)

銀賞 ( 2 作品)

  • 作品名:お昼寝も一緒に
    勝田 青映(かつだ あおば)(京都市)
  • 作品名:おもいっきり走る!笑う!!
    佐藤 紀子(さとう のりこ)(京都市)

銅賞 ( 3 作品)

  • 作品名:初めまして!
    片岡 昭男(かたおか あきお)(宇治市)
  • 作品名:人気もので~す
    小北 健一(こぎた けんいち)(京丹後市)
  • 作品名:ありがとう
    山岸 浩治(やまぎし こうじ)(京都市)

例年、京都動物愛護フェスティバルにおいて表彰式を行なっておりましたが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止することといたしました。その代わりとして、動物愛護に関する特別番組をKBS京都テレビで放映します。ペットのための健康、しつけなど、動物愛護のことを学べる30分のテレビ放送です。入選作品も放映されますのでどうぞご覧ください。(放送日時:令和2年9月20日(日曜日)午前9時30分~10時)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?