ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 京都府の青少年に対する施策について > 「青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正の骨子(案)について募集した御意見を公表しました

ここから本文です。

「青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正の骨子(案)について募集した御意見を公表しました

青少年が自分の裸体等をスマートフォン等で撮影し、画像をメール等で送付させられる、いわゆる「児童ポルノ自画撮り被害」が全国的に増えてきており、京都府においても発生しています。
そのため京都府では、「青少年の健全な育成に関する条例」を一部改正し、青少年に児童ポルノの提供を求めることを禁止し、違反した場合の罰則を設けることを検討し、その骨子案について、京都府府民意見提出手続(パブリックコメント)を実施しました。
府民のみなさまからの御意見を募集した結果、下記のとおり御意見をいただき、それに対する府の考え方をまとめましたので公表します。

募集要綱

募集期間

平成30年3月8日(木曜日)から平成30年3月28日(水曜日)まで

御意見数

4名から4件の御意見をいただきました。

募集方法

メール、FAX、郵便による募集

公開資料

募集結果に関する資料

御意見と京都府の考え方

 

お問い合わせ

府民生活部青少年課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4303

seisho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?