ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 京都府の青少年に対する施策について > 少年の立ち直り支援(ユース・アシスト)

ここから本文です。

少年の立ち直り支援(ユース・アシスト)

少年の立ち直り支援

 非行等の問題を抱える少年の立ち直りを支援するため、「家庭支援総合センター」内に「立ち直り支援チーム(愛称:ユース・アシスト)」を設置し、学校、警察をはじめ、児童相談所や家庭裁判所等幅広い関係機関と連携し、体験活動等を通じて立ち直りを支援しています。

 また、府北部地域の支援拠点として「北部サテライト」を設置し、府内全域での支援を行っています。

支援の概要

寄り添い型支援(関係機関から紹介を受けた少年への支援)

支援の内容

 概ね中学生から成人に至るまでの少年及びその保護者で、体験活動等を通じた支援の効果が高いと思われる少年を関係機関の紹介により受け入れます。
 支援のしくみについては次のとおりです。

ユース・アシストチラシ(表)(PDF:314KB)

ユース・アシストチラシ(裏)(PDF:390KB)

家庭裁判所係属中少年への支援

支援の内容

 家庭裁判所に送致され係属中で、非行が比較的軽微又は試験観察中の少年が、地域の清掃等の社会貢献活動に参加したり地域住民との対話等を行い、活動を通じて自己を振り返り地域社会の一員としての自覚を認識することにより再非行の防止を図ります。
(※プログラムはすべて非公開で行います。)

非行少年等立ち直り支援ネットワーク推進会議

 関係機関が一体となったネットワーク体制を構築し、より効果的な立ち直り支援を行うため情報共有や意見交換を行う「非行少年等立ち直り支援ネットワーク推進会議」を設置しています。

関係機関一覧(PDF:94KB)

体験活動受入・協力団体

 「ユース・アシスト」では、体験活動の受け入れ先として、民間事業者やNPO、ボランティア団体、地域団体等、様々な事業所、団体に御協力いただいています。
 登録申込は、随時受け付けていますので、御協力いただける場合はお問い合わせ下さい。

体験受入・協力団体一覧(PDF:333KB)

協力団体等登録申込書(PDF:33KB)

支援活動サポーター

 体験活動や学習支援等の支援活動をサポートしていただく方を「支援活動サポーター」として募集しています。
 少年の立ち直りを支援するボランティア活動に関心のある方はお問い合わせ下さい。

ボランティア募集チラシ(PDF:4,119KB)

ユース・コミュニティづくり応援事業

 家庭や学校に居場所がなく、疎外感・孤立感から非行行動に発展していくという課題に対応するため、こうした課題を抱えた少年たちの居場所(ユース・コミュニティ)を設置し、悩み相談や学習支援・体験活動等を実施しています。

平成27年度2箇所(乙訓地域、南丹地域)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部青少年課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4305

ファックス:075-414-4303

seisho@pref.kyoto.lg.jp

非行少年等立ち直り支援チーム(ユース・アシスト)
京都市東山区清水四丁目185番地1(京都府家庭支援総合センター内)
電話番号:075-531-6507
ファックス:075-531-9610

「北部サテライト」
福知山市篠尾新町一丁目91
京都府中丹広域振興局(福知山総合庁舎内)
電話番号・ファックス:0773-22-8729


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?