ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都の自然200選 > 京都の自然200選 神宮寺の「コウヤマキ」

ここから本文です。

京都の自然200選 神宮寺の「コウヤマキ」

所在地 与謝野町字石川小字姫路谷

胸高幹周4.1メートル、樹高27メートルのコウヤマキの巨木。神宮寺の本堂東南、石垣積をほどこした粟島大明神の脇に、社棟を守護するかのように樹立しています。この巨木の歴史的起源は古く、史誌によれば1310年頃に近江石山寺の僧侶が石川神宮寺として再興して以来、地元では信仰の木としてあがめられてきました。寺の本尊が女性という言い伝えから、例祭ではコウヤマキに手を触れて子宝の恵みを願います。府の天然記念物に指定されています。

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?