ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都の自然200選 > 京都の自然200選 津母(つも)海蝕洞の鍾乳石

ここから本文です。

京都の自然200選 津母(つも)海蝕洞の鍾乳石

所在地 伊根町字津母

丹後半島の北部東岸に位置する伊根町津母の通称マナ板海岸には安山岩、集塊岩の岩盤が日本海の波浪に浸食されてできた大小無数の海蝕洞があり、独自の海岸美が見られる。海蝕洞内の深部には、集塊岩中の炭酸石灰が地下水で溶かされて固まった20センチメートル~40センチメートルの鍾乳石が見られる。

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?