ここから本文です。

KYOTO SOMÉ & ORI Project参画事業者決定!

 京都府では、府内の繊維・染織関係産業分野において、海外進出を目指す企業を支援し、世界で競争力のある企業を創造することを目的に、株式会社ブランマント(総合ディレクター:齋藤峰明氏)と連携して実施する海外販路開拓事業「京ものクオリティ市場創出事業“KYOTO SOMÉ & ORI Project”を展開しています。

 この度、今年度商品開発・販路開拓を協力して展開する10社を決定しましたとともに、プロジェクトメンバーによる海外市場展開の商品開発等を開始します。

 

企業名

所在市町村

商品・技術の概要

株式会社一色テキスタイル 与謝野町 絹・化合繊による丹後ちりめん
株式会社亀田富染工場 京都市 手捺染による京友禅染色加工
株式会社KALEIDOSCOPIC 亀岡市 糊を応用したインクジェット捺染・デザイン開発
クスカ株式会社 与謝野町 手織による生地製造
光映工芸株式会社 京都市 京友禅金彩加工
小嶋織物株式会社 木津川市 織物壁紙・織物ふすま生地
株式会社山嘉精練 亀岡市 絹糸・生地の精錬加工
民谷織物 京丹後市 引箔技法を活用した織物
有限会社久山染工 京都市 手捺染による生地
渡文株式会社 京都市 西陣織帯地

 

プロジェクト来日メンバー

齋藤 峰明 氏(総合アドバイザー)

1952 年静岡県生まれ。高校卒業後渡仏。パリ第一(ソルボンヌ)大学芸術学部卒業。1975 年フランス三越に入社。1980 年には株式会社三越のパリ駐在員となり、後に駐在所長に就任。

1992 年、40 歳の時にパリのエルメス本社に入社後、エルメスジャポン株式会社に赴任。営業本部長、専務取締役を経て、1998 年より代表取締役社長として、日本でのエルメスの発展に尽くす。2008 年外国人として初めて、エルメスパリ本社副社長に就任した。

2015 年、エルメス社を退社後、シーナリーインターナショナルを設立。代表として、新コンセプトのフットウエアブランド「イグアナアイ」の紹介や、日本の伝統技術及びデザインアイテムを紹介するギャラリー「アトリエ・ブランマント」をパリにオープンするなど、パリと東京をベースに日本の新しいライフスタイルの創出と、世界への発信の活動を開始。ほかにライカカメラジャパン株式会社 取締役、パリ商工会議所日仏経済交流委員会 理事など。1997 年 フランス共和国 国家功労勲章シュヴァリエ 叙勲。

Chantal Granier 氏(アートディレクター)

現在「Art de Vivre」とデザインコレクションの開発戦略におけるアートマネージャー及びコンサルタントとして活動中。装飾関係の雑誌(Marie Claire GroupとCondé Nast Group)で記者キャリアを開始し、実績を積んだ後、企業のサービス分野に転じる。10年間、Baccaratにてアートディレクターを務めた後、Hermès Group(Hermès Maison, Saint Louis and Puiforcat)の「Art de Vivre Decoration」部門のアートディレクターに就任し、Hermès創業家のPierre Alexis Dumas氏と共に働く。現在もHermès財団に協力している。

これまで、Ettore Sottsass氏、Michele de Lucchi氏、Philippe Starck氏、Jaime Hayon氏、Marcel Wanders氏、Patricia Urquiola氏、Campana brothers、Philippe Nigro氏、Arik Levy氏など国際的なデザインの分野における著名な人物らとのコラボレーション実績がある。

Mathilde Roseanne Brégeon氏(テキスタイルデザイナー)

パリ在住のフランス人デザイナー。テキスタイル、色、パターン、高品質のクラフトマンシップについてのプロ。パリ国立高等装飾美術学校でファッションデザインの学士号、surface/textileデザインについて優等で修士号を取得。

それ以来、ニューヨーク、チューリッヒ、パリにおいて高級ブランドだけでなく、小規模のクリエイティブスタジオで実績を積む。

現在は、ハイエンドのテキスタイル企業やインテリアデザイン企業、ファッションブランドのコレクションやオーダーメイドのプロジェクトのデザインを手がけている。

方 健太郎 氏(販売&PR戦略策定)

国土交通省入省、英ケンブリッジ大学留学を経て、ボストン・コンサルティング・グループに転じ、東京事務所及びパリ事務所にて日本企業の欧米展開等を数多く支援。2010年にフランス人の元同僚らとともにEXA Partners(エクサ・パートナーズ)を立ち上げ、仏パリと米カリフォルニアを拠点に、日本大手企業の欧米展開支援、東京、京都等の海外観光プロモーション、フランスにおける日本の技術を利用した梱包・緩衝材製造など幅広く手掛ける。

 

 

お問い合わせ

商工労働観光部染織・工芸課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4858

ファックス:075-414-4870

senshoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?