ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 伝統産業の技術、素材を生かして「WITHコロナ」に相応しいプロダクトを開発しませんか!~アイデアを生み出すクリエイター等の募集~

ここから本文です。

伝統産業の技術、素材を生かして「WITHコロナ」に相応しいプロダクトを開発しませんか!~アイデアを生み出すクリエイター等の募集~

報道発表日:令和2年7月27日

商工労働観光部染織・工芸課
075-414-4858

京都府では、京都府内の伝統産業事業者と全国で活動するクリエイター等が協働しながら、京都の伝統産業が長年培ってきた高度な製造技術と高品質の素材を生かし、「WITHコロナ」時代に相応しい、従来の発想を打ち破るアイデアを創出し、それをもとにした新プロダクトの開発(及び新ビジネスの展開)を支援することで、京都の伝統産業の新たな市場開拓と体質強化を図る「クラフト市場開拓事業」を実施します。
この度、令和2年度分の本事業への参加を希望するクリエイター等を以下のとおり募集しますので、ご応募をお待ちしております。

1 事業概要

 (1) 「ハッカソン」の手法を取り入れたアイデア創出イベント「CRAFTTHONクラフトソン2020」の開催
 (2) (1)で選出されたアイデアに基づくプロダクト開発(及びビジネスプラン作成)の検討
     → 各アイデアの実現にものづくりの立場で参画する伝統産業事業者は後刻選定
 (3) (3)に対するインターネット技術を活用した事業性判定
 (4) (3)で「事業性あり」と判定された場合のビジネス展開に対する支援

2 募集期間

 令和2年7月27日(月曜日)午後1時(※1)~8月17日(月曜日)午後11時
 (※1)Webページアクセス開始時間

3 対象者

 京都府内の伝統産業事業者と協業して新プロダクトの開発(及び新ビジネスの展開)を希望する者
  (プロ、アマ不問。大学生やものづくりに従事する者の申込みも可)
 ※定員は20~30名程度を想定。ただし、応募多数の場合、審査にて決定

4 参加費

 無料。ただし、事業参加に伴う諸経費(通信費等)は原則各参加者でご負担

5 応募方法

 「CRAFTTHONクラフトソン2020」専用Webページ(※2)にアクセスし、必要事項を記載してお申し込みください。
 (※2)上記WebページURL https://designweek-kyoto.com/craftthon(外部リンク)

6 備 考

・今回の「CRAFTTOHNクラフトソン2020」は、「京都 NEW MONOZUKURI 創出協議会」(構成:京都市、京都リサーチパーク(株)他)との共催事業として、Zoom等のWeb会議システムを利用して、令和2年8月29日(土曜日)~30日(日曜日)にオンラインで開催します。
・9月以降の想定スケジュールは、以下のとおりです。
  令和2年9月~令和3年2月  ビジネスプラン検討
   → 検討期間中も、進捗状況のフォローアップや中間報告を適宜設定する予定
  令和3年2月中旬~下旬    ビジネスプランに係る事業性判定プレゼン
  令和3年2月下旬以降      ビジネスプランの具体化検討

《主催団体》

 「KYOTO KOUGEI WEEK」実行委員会(事務局:京都府商工労働観光部 染織・工芸課)

お問い合わせ

商工労働観光部染織・工芸課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4870

senshoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?