ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の伝統産業 > 京都府とイタリア共和国・トスカーナ州との経済・環境交流宣言の調印について

ここから本文です。

京都府とイタリア共和国・トスカーナ州との経済・環境交流宣言の調印について

平成16年度から京都の産業界の主導により、京都と北イタリアとのビジネス交流プログラムが開始され、双方の産業界が将来にわたって経済交流を進めていこうとしています。

京都府では、その動きを積極的に支援し、京都の伝統産業を中心とする中小企業のさらなる活性化を図り、「京都府-トスカーナ州」の中小企業同士の連携協力を一層推進するとともに、併せて環境交流も図るため、「京都府-トスカーナ州経済・環境交流宣言」の調印を行いました。

平成17年10月22日に実施された交流事業

時代祭参加

京都の歴史や文化を肌で感じ取っていただこうと、山田知事とブレンナ・トスカーナ州経済担当大臣が時代祭巡行の馬車に乗って参加しました。

トスカーナ州経済担当大臣表敬訪問

京都府とトスカーナ州との経済・環境交流宣言の調印のため、来日されたトスカーナ州経済担当大臣が山田知事を表敬訪問されました。

懇談の概要

合同調印式

地元4団体(京都府、京都市、京都商工会議所、京都経済同友会)とイタリア側の各々のパートナーとの経済交流促進に関する協定書等の合同調印式が京都迎賓館で開催され、京都府とトスカーナ州との経済・環境交流宣言が調印されました。

合同調印式終了直後の山田知事所感

拡大合同歓迎レセプション

京都府、京都市、京都商工会議所、京都経済同友会の4団体主催による拡大合同歓迎レセプションが開催され、山田知事が4団体を代表して歓迎の挨拶をしました。

山田知事挨拶

今までの取組

平成16年10月 山田知事がトスカーナ州政府を訪問

  • 民間ベースでの経済交流を支援し、一層の拡大を図るため、京都府とトスカーナ州の経済協力提携を提案し、今後具体的な取組について協議を進めていくことで合意
  • さらに環境分野についても提携を進めることで合意

イタリア共和国・トスカーナ州の概要

面積:約2.3万平方キロメートル

人口:約360万人

州都:フィレンツェ

州知事:Claudio Martini

行政区:10県 アレッツオ、グロッセート、フィレンツェ、リヴォルノ、ルッカ、マッサ=カラーラ、ピサ、ピストイア、プラート、シエーナ

産業:ワインやオリーブ等の農産物、繊維・アパレル・皮革製品などファッション関連製品が有名。観光資源も豊富である。

お問い合わせ

商工労働観光部染織・工芸課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4870

senshoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?