ここから本文です。

適正な施工体制の確保

1 要領・様式等

「公共工事の入札及び契約の適正化に関する法律(適正化法)」が施行され、公共工事の発注者は適正化法第14条により施工体制の適正化について点検・指導を行う必要があります。京都府では毎年一斉点検を実施しており、また、各公所でも個別に点検を実施しています。点検項目としては、建設業の許可票・施工体系図・労災保険関係成立票などの適正な掲示、現場代理人の常駐、主任技術者等の専任、施工体制台帳への下請契約書(写)の添付などです。

(1)チェックフロー及び手法

(2)様式

2 点検結果

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部指導検査課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5243

shido@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?