ホーム > 府政情報 > 附属機関及び懇談会等の会議の公開について > 京都府明るい選挙推進協議会 > 平成18年度第1回京都府明るい選挙推進協議会定例会の議事要旨

ここから本文です。

平成18年度第1回京都府明るい選挙推進協議会定例会の議事要旨

1 開催日時

平成18年7月27日(木曜日) 午後1時30分から2時30分まで

2 場所

平安会館 「白河の間」(京都市上京区烏丸通上長者町上る)

3 出席者

(1)協議会

【協議会委員】
細川会長、西出副会長、吉田委員、小山委員、伊佐委員、田邉委員、佐藤委員、岸田委員、和田委員、辻川委員、小池委員、中村委員、大田委員、岡委員、加護委員
(欠席11名)

京都府選挙管理委員会 上村委員長

京都府明るい選挙推進協議会 川本前会長

【事務局】
京都府明るい選挙推進協議会事務局(京都府選挙管理委員会事務局 )

【傍聴者】 なし

4 議題

(1)会長の選出について
(2)平成18年度明るい選挙推進事業計画について
(3)京都府知事選挙における啓発活動の実績等について

5 審議内容

  • 推薦団体の役員交代等により、委員10名が解嘱、委員9名が新たに委嘱された。それにより、明推協委員数は26名。欠員は2名。
  • 明推協が設置されていない南丹市及び役員改選が8月に予定されている京丹後市明推協については、現在、推薦依頼中。
  • 新会長の選出については、吉田委員が細川委員を推薦し、他の委員もこれに賛同。細川委員が新会長に選出された。
  • 細川新会長の指名により、須藤委員及び西出委員が引き続き副会長に選任された。
  • (1)から(3)について、事務局が資料に沿って説明。

6 質疑等

(委員)

  • ボランティアバンクの登録状況はどうか?他府県で同様の取組みの状況はどうか?

(事務局)

  • 現在の登録者数は2名。昨年、登録者数を増やす目的で、年齢制限を30歳から40 歳に引き上げるとともに、府内の青年団体等にも協力をお願いしPRも行ったところ。今後とも、各種研修会等の機会を通じて登録を呼びかけていきたいが、皆様方にも御協力を賜りたい。 なお、大阪府においても同様のボランティアバンクがあるが、登録者が少ないことについて苦慮していると聞いている。

(委員)

  • 投票の権利放棄をする人が多い状況を今後の選挙啓発においてどうしていくべきか? 本年4月の投票率が38.44%と前回を11%近く下回っているが、原因について分析をしているか?

(事務局)

  • 投票率については、その時々の政治の情勢や天候にも影響されると考えられる。今後とも、常時啓発・選挙時の臨時啓発いずれも地域に根ざした啓発を継続していきたい。

(委員)

  • 知事選挙の投票率が低かったことについては残念であった。 知事選挙においては、初めて期日前投票が実施されたというが投票率の向上に効果はあったのか?

(事務局)

  • 前回は不在者投票であり完全な比較はできないが、120%くらいに増えており一定の効果があったと考えられる。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局 

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-451-5452

jichishinkou@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?