ホーム > 府政情報 > 附属機関及び懇談会等の会議の公開について > 京都府明るい選挙推進協議会 > 平成15年度第2回京都府明るい選挙推進協議会定例会の議事要旨

ここから本文です。

平成15年度第2回京都府明るい選挙推進協議会定例会の議事要旨

1 開催日時

平成16年3月19日(金曜日) 午後1時30分から3時30分まで

2 場所

京都市上京区東堀川通下長者町下ル ルビノ京都堀川 2階「ひえい」

3 出席者

(1)協議会

【委員】
川本会長、四方副会長、上松委員、安達委員、田邉委員、新村委員、永島委員、加藤委員、上田委員、吉田寿男委員、西出委員、田中委員、眞下委員、今川委員、田畑委員、藤吉委員
(13名欠席)

池本選挙管理委員会委員長

【事務局】
京都府明るい選挙推進協議会事務局(京都府選挙管理委員会事務局)

傍聴者

なし

4 議題

(1)平成15年度明るい選挙推進事業の実施状況等について

  1. 平成15年度明るい選挙推進事業の実施計画及び実施状況について
  2. 平成15年度明るい選挙推進共同・補完事業の実施状況について

(2)平成16年度明るい選挙推進事業計画について

(3)その他

  1. 公職選挙法改正について
  2. 京都市長選挙の電子投票について
  3. 平成15年11月9日執行衆議院議員総選挙の投票結果について

5 審議内容(結果及び主な意見)

  • 高校生の選挙啓発ポスターコンクールへの参加が少なく、又、高校生から20歳までの啓発が手薄な状況にあるので研修等検討していかなければならない。
    高校生ともなると大変レベルの高いポスターがあるが、そういった応募が増加するよう教育委員会や校長会に働きかけてはどうか。
    高校では美術が選択制であり、又、高校生ともなるとコンクールで受賞することで箔がつくというものでなければなかなか参加しない。
  • 公職選挙法の改正により、介護保険の要介護5の者が新たに郵便等投票の対象者になったということだが、対象をもっと要介護3、4の方に広げていき、投票所に自力でいけない方の投票環境を向上すべきではないか。
  • 明推協委員に限らず、若者の参加を促すために、高齢の方が委員を勇退していくことも大事だと考える。
    若者にとっても明推協に参加することはいい経験になるかと思うので、明推協委員の公募を進めてはどうか。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局 

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-451-5452

jichishinkou@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?