ホーム > 府政情報 > 附属機関及び懇談会等の会議の公開について > 京都府明るい選挙推進協議会 > 平成29年度第1回京都府明るい選挙推進協議会定例会の議事要旨

ここから本文です。

平成29年度第1回京都府明るい選挙推進協議会定例会の議事要旨

1 開催日時

平成29年6月7日(水曜日) 午後1時30分から午後2時30分まで

2 場所

ホテルルビノ京都堀川「加茂の間」(京都市上京区東堀川通下長者町下る)

3 出席者

【協議会委員】
大橋会長、須藤副会長、鈴木副会長、足立委員、井手委員、大嶋委員、川越委員、河村委員、黒岡委員、神村委員、小林委員、四方委員、俣野委員(欠席15名)

京都府選挙管理委員会:田渕委員長代理

【事務局】
京都府明るい選挙推進協議会事務局(京都府選挙管理委員会事務局 )

【傍聴者】 なし

4 議題

(1) 平成29年度明るい選挙推進事業の実施計画について
(2) その他

5 審議内容

議題(1)及び(2)について、事務局が資料に沿って説明。

6 主な意見(質疑)

(委員)
   平成28年度の出前講座は21校で実績があり、平成29年度は既に実施しているものも含めて9校からの申込との報告だった。できるだけ学校数を増やしてほしい。昨年実施していても、学年を固定して今年度も実施するなど、学校とつながりを作ってもらいたい。
   ポスター・標語コンクールについても、出展校数を増やす努力が必要。
(事務局)
   努力する。また、つながりという部分においては、出前講座を実施した学校に対して、実施翌年度以降も引き続き実施可能となるよう調整(実施の意向確認)することを検討していく。
(委員)
   平成28年は選挙権年齢が18歳に引き下げられ、初めての参議院議員選挙もあった。出前講座への関心が高まった中で21校の実施であったが、どこに重点をおいて啓発を実施しているのか。
(事務局)
   参議院議員選挙における18歳・19歳の投票率は、他の若年層の投票率より高く、反応が良かったと考えている。若者に選挙が身近だとわかってもらえるように、今後も取り組んでまいる。
(委員)
   京都府知事選挙が来年4月に、また、衆議院議員選挙も来年の冬には任期満了となるが、どのようなスケジュールで啓発計画を作るのか。
(事務局)
   京都府知事選挙の日程は、これまでの例では、決まるのが年末になるが、臨時啓発計画はそれより早い秋頃には作成することになる。委員には次回2月~3月に開催する定例会において御報告することになる。
   衆議院議員選挙も、実施されることになればすぐに計画を作ることとなる。
(委員)
   久御山町は、毎年中学校で出前授業を行っている。前回の選挙のときは高校でも行った。
(事務局)
   久御山町が毎年中学校で出前授業を実施されているのは、承知している。一覧にして御説明したのは、府選管が実施しているもののみである。
(委員)
   福知山市は投票率が低い。前回、舞鶴市が熱心に取り組まれていると聞き、なんとかしたいと思っている。
   昨年から、期日前投票所での立会人を若者から公募した。多くの若者が手をあげ、学生の中には、何回でもやっても良いと話してくれた人もいた。若者への関心が高まる良い取組だと思う。
(委員)
   毎年、(公財)明るい選挙推進協会が開催する総会に出席しているが、総会の場で優良活動の表彰が行われる。表彰されると金一封が活動資金としていただけるので、各市町村でも独自の活動をされた場合はぜひ推薦してもらいたい。

 

以  上

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局 

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-451-5452

jichishinkou@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?