ここから本文です。

ツキノワグマについて

  近年、京都府北中部地域を中心に果樹園や集落周辺などでツキノワグマの目撃情報が多く寄せられています。

 秋期は12月から3月にかけての冬眠期に向けてエサを多く採取する時期であり、クマの行動も活発になると考えられます。

 山の中または近辺での農作業や散歩等の際には、鈴やラジオなど音の出るものを携帯し、人間の存在をクマに知らせるようにしてください。 

(目撃情報の地図検索は 京都府内のクマ目撃情報マップ (外部リンク) へ)

             

 〈環境省HP〉クマに関する各種情報・取組(外部リンク) 

  次の点に ご注意ください。

  •  クマが活発に行動する朝夕は、特に注意が必要です。できるだけ単独行動は避け、複数で行動してください。
  •  霧の深い日のような先が見えにくい時、風の強い日や川の近く等ほかの音が大きい時には、クマが人の気配に気がつかず、遭遇の危険が高いので、特に注意してください。
  •  子グマを見かけた場合は、近くに親グマがいる可能性が高いので、急いでその場を離れてください。
  •  人家近くにある柿などの果樹は、トタン板で幹を囲み、早めに収穫してください。必要のない木なら除去してください。
  •  クマを呼び寄せないため、家の周りに生ゴミ等のエサとなる物を捨てたり、ゴミ箱を放置しないようにしてください。
  • クマを見かけても決して近づかず、すぐに最寄りの京都府広域振興局、京都府京都林務事務所、市役所、町村役場、警察署へ連絡してください。

京都府丹後広域振興局: 0772-62-4317

 京都府中丹広域振興局: 0773-62-2593

京都府南丹広域振興局: 0771-22-0426

京都府山城広域振興局: 0774-21-3087

京都府京都林務事務所: 075-451-5724

  一方、ツキノワグマは京都府レッドデータブックの絶滅寸前種に登載されており、絶滅が危惧されています。京都府では、「特定鳥獣保護管理計画-ツキノワグマ-」に基づき、クマの個体群の安定的な維持と人身被害の回避及び農林業被害の軽減を図り、ツキノワグマとの共存を目指した取組をしていますので、府民の皆様のご理解、ご協力をお願いします。

 このような対策などについて、パンフレット 「京都府のツ キノワグマ」を掲載していますので是非ご覧ください

                                                                              

表紙(PDFファイル、1,013KB) (PDF:1,012KB)

  1. ツキノワグマについて(PDFファイル、594KB) (PDF:593KB)
    山でクマと会わないために/家の近くにクマを引き寄せないため/会ったときにあわてない興奮させないために(PDFファイル、689KB) (PDF:688KB)
  2. 京都府での出没事例/ツキノワグマ出没対応マニュアル(PDFファイル、628KB) (PDF:627KB)
  3. クマ剥ぎ被害防止マニュアル(PDFファイル、796KB) (PDF:795KB)
  4. ツキノワグマ生息状況(PDFファイル、583KB) (PDF:582KB)
  5. ツキノワグマとの共生に向けての取り組み(PDFファイル、649KB) (PDF:648KB)
  6. 裏表紙(ツキノワグマ近畿北部地域個体郡図等)(PDFファイル、600KB) (PDF:600KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部林務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5001

ファックス:075-414-5010

rinmu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?