ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 京都府総合計画概要版【将来構想】(音声読み上げ1)について

ここから本文です。

京都府総合計画概要版【将来構想】(音声読み上げ1)について

府民と共に「京都夢実現プラン」京都府総合計画

ごあいさつ

京都府では、2019年10月、新しい行政運営の指針となる「京都府総合計画(京都夢実現プラン)」を策定しました。

私たちを取り巻く社会の情勢を見てみますと、少子高齢化・本格的な人口減少の進展により、経済活動や地域コミュニティの維持など様々な面において、大きな影響を及ぼすことが懸念されています。また、近年、AI・IoTなどの技術革新による社会のスマート化が急速に進展し、産業分野や私たちの暮らしへの活用が期待されています。一方、想定を超える規模の自然災害が頻発し、安心・安全に対する大きな脅威となるなど、京都府の未来を築き上げていくには、多くの課題が立ちはだかっています。

しかし、ここ京都には、長い歴史をかけて先人が守り紡いできた文化や伝統産業、そして、人と人との絆があります。私は、こうした「京都力(きょうとりょく)」とも言うべき力を結集し、府民の皆様とともに、京都府の未来に向けた歩みを進めていきたいと考えています。

この計画では、20年後の2040年に実現したい京都府の姿として、「一人ひとりの夢や希望が全ての地域で実現できる京都府をめざして」を掲げました。人を大切にしたい、環境も含めた地域を大切にしたい。京都府の未来を創り上げるには、人と地域という視点を大切にしたいとの思いを込めたものであります。

具体的には、20年後に実現したい将来像を示した「将来構想」、概ね4年間で取り組む実行計画とも言うべき「基本計画」、広域振興局ごとの「地域振興計画」を策定しました。特に、「基本計画」では、「府民協働で取り組むきょうとチャレンジ」として、「子育て環境日本一」「府民躍動」「文化創造」「新産業創造・成長」「災害・犯罪等からの安心・安全」の5つのテーマを選定し、府民や地域、企業等の皆様と連携し、横断的な取組を進めることとしており、皆様の幅広い御協力をお願い申し上げます。

本計画がめざす京都府の実現に向けて、府民の皆様と総力を結集し、府内全ての地域が活力にあふれ誇りの持てる、新しい時代の京都府を築き上げてまいります。

 

令和元年(2019年)12月 京都府知事 西脇 隆俊

計画の構成

「総合計画」とは、平成23年(2011年)に制定した「京都府行政運営の基本理念・原則となる条例」第4条の規定により、京都府のめざす方向性を将来構想、基本計画等の形で明らかにするものです。

京都府総合計画は、「将来構想」と「基本計画」、「地域振興計画」によって構成しています。

将来構想

概ね20年後の令和22年(2040年)を展望し、実現したい京都府の将来像を理念的に示しています。

基本計画

府民の皆さまや地域・企業等と連携し、横断的に取り組む「府民協働で取り組むきょうとチャレンジ」、地域に着目した「エリア構想」、全体を分野別に体系化した「分野別基本施策」の3つの視点で構成し、概ね4年間の取組を示しています。

地域振興計画

山城・南丹・中丹・丹後の広域振興局ごとに、各地域の資源や特性を生かした、地域振興策を示しています。

将来構想

20年後に実現したい京都府の将来像

~一人ひとりの夢や希望が全ての地域で実現できる京都府をめざして~

1.人とコミュニティを大切にする共生の京都府

子育てに優しい社会は、全ての世代にとっても暮らしやすい社会です。一人ひとりの尊厳と人権が尊重され、男性も女性も、子どもも高齢者も障害者も、外国人も、全ての人が地域で「守られている」、「包み込まれている」と感じ、誰もが持つ能力を発揮し、参画することのできる社会づくりをめざします。

そして、2040年の京都府社会の姿として、誰もが生き生きと暮らし、幸せを実感できる、「人とコミュニティを大切にする共生の京都府」を実現します。

2.文化の力で新たな価値を創造する京都府

京都が京都であり続けるために、人々の絆で守り伝えられてきた地域の文化を継承・発展させ、京都府に住む人、学び働く人、訪れる人など全ての人を惹きつけ、さらには、文化が観光・食・伝統産業から先端産業まで、あらゆる分野と融合し、京都流の新たな価値を創造し、発信し続ける社会づくりをめざします。

そして、2040年の京都府社会の姿として、暮らしの中に多様な文化が息づき、文化の力が京都力(きょうとりょく)の源泉となり、「文化の力で新たな価値を創造する京都府」を実現します。

3.豊かな産業を守り創造する京都府

大学や多様な企業、研究機関の集積を生かし、高度人材の確保、あらゆる産業分野の融合、ビッグデータ、さらにはAI、IoT分野の新たな技術開発やその活用でイノベーションを起こし、「オール京都」による連携のもと、キラリと輝く企業が府内のあらゆる地域に立地している社会づくりをめざします。

そして、2040年の京都府社会の姿として、伝統と先端の融合により、「豊かな産業を守り創造する京都府」を実現します。

4.環境にやさしく安心・安全な京都府

頻発する自然災害の要因ともいわれる気候変動に適応し、「脱炭素」で環境にやさしい社会を実現するとともに、災害・犯罪等から府民の安心・安全をハード・ソフトの両面から守ることも極めて重要です。こうした基盤をベースに全ての地域が地域資源を生かした豊かさを実感できる地域づくりをめざします。

そして、2040年の京都府社会の姿として、地球環境と調和した、しなやかで強靭な「環境にやさしく安心・安全な京都府」を実現します。

 

基本計画(音声読み上げ2)に続く

お問い合わせ

政策企画部総合政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

sogoseisaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?