ここから本文です。

総合資料館寺子屋講座開催報告

 総合資料館寺子屋講座「京都の歴史を歩こう!-紫野編-」を開催しました

2016年10月29日(土)に、恒例となりました、寺子屋講座「京都の歴史を歩こう!」を開催しました。

この講座は府立大学との連携講座として、文学部歴史学科の有志の学生とともに開催しています。

今回は「近代化する京都郊外」というテーマで歩きました。当日は不安定な天候でしたが、一般参加21名の方々と共に、総勢約40名で当講座を実施しました。

以下に画像とともに簡単に報告したいと思います。

寺子屋歩こう紫野地図

今回実施した講座の行程図です。今宮神社を出発して大徳寺、玄武神社、建勲神社を経て、船岡山公園まで約2kmのコースを歩きました。

 

寺子屋歩こう紫野1

今宮神社でのクイズの様子です。ここでは大正時代に新しく通された南側参道の話などがありました。

その後、大徳寺から玄武神社を通り建勲神社に向かいました。 

寺子屋歩こう紫野2 

建勲神社前での様子です。当日は雨のため神社には登らず、船岡山公園で解散しました。 

 

講座後、参加者にアンケートを取りました。年代は10代から80代まで幅広く、京都府外から参加された方もいらっしゃいました。内容については行程・説明共によかったとの高評価をいただき、学生への謝意や開催回数を増やして欲しいとの声もありました。また、印象に残った場所としては最初に訪れた今宮神社が一番多く挙がりました。

 

 総合資料館寺子屋講座「京都の歴史を歩こう!-下鴨編-」を開催しました

2015年11月7日(土)に、恒例となりました、寺子屋講座「京都の歴史を歩こう!」を開催しました。

この講座は府立大学との連携講座として、文学部歴史学科の有志の学生とともに開催しています。

今回は「下鴨の人々の生活」というテーマで、資料館を出発して萩児童公園から琵琶湖疏水分線、中川原公園を経て最後は下鴨神社の摂社河合神社まで歩きました。

以下に写真とともに簡単に報告したいと思います。

 

京都の歴史を歩こう下鴨1

朝、資料館に集合した参加者の皆さんです。当日はあいにくの曇り空でしたが、約20名の参加者とともに下鴨地域を歩きました。

 

京都の歴史を歩こう下鴨2

萩児童公園では戦前に建てられたラジオ塔についての解説をしました。

※ラジオ塔とは、昭和初期に、当時まだ高価であったラジオの普及や共同で聞くことを目的として公園や神社の境内などに建てられた施設です。写真左側の石碑のような建造物がラジオ塔で、NHKや自治体が建設しました。内部に受信機があり、ラジオ体操や戦況の伝達手段としても使われました。受信機は戦時中の金属供出で取り外され、現在は聞くことは出来ません。

京都の歴史を歩こう下鴨3

下鴨神社の糺の森を歩いて、河合神社まで向かいます。

 

 

講座後、参加者にアンケートを取りました。年代は10代から80代まで幅広く、京都府外から参加された方もいらっしゃいました。内容については行程・説明共によかったとの高評価をいただき、同じような講座をまた実施してほしいとの声もありました。また、印象に残った場所としてはラジオ塔や地蔵尊を紹介した萩児童公園が一番多く挙がりました。

 

最後に資料館メールマガジンにこの講座を企画運営していただいた府立大学の学生さんから参加記を寄稿していただきましたので、こちらもご覧ください。

メールマガジン [総合資料館]

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?