ここから本文です。

資料紹介コーナー [総合資料館]

資料紹介コーナー「源氏物語の世界 -美術資料を中心に-」のご案内 [総合資料館]

今年は、世界最古の長編小説『源氏物語』の存在が記録されてから千年を迎える年にあたり、源氏物語千年紀事業として様々な催しが行われています。
当館でも1月に所蔵資料の中から「源氏物語絵巻」をはじめとして、『源氏物語』から派生した美術・芸術に関する図書を中心に集め、紹介コーナーを設けました。

今回の資料紹介では、11月1日の源氏物語千年紀記念式典にあわせて、新しく収集した資料と、前回紹介した図書から厳選してご紹介します。

当館の資料から、千年のみやびの世界をお楽しみください。

期間

期間:平成20年9月11日(木曜日)~11月11日(火曜日)

※9月15日(祝日)、23日(祝日)、10月8日(水曜日)、13日(祝日)、11月3日(祝日)は休館

場所

総合資料館3階 図書閲覧室

主な展示資料

  • 『源氏物語扇面画帖』
  • 『京都源氏物語地図』
  • 姫君たちの京都案内』
  • 『源氏物語千年紀展』
  • 『芸術新潮』2008年2月号 特集「源氏物語 天皇になれなかった皇子のものがたり」
  • 『京都』2008年5月号 特集「今、知りたい『源氏物語』」
  • 『観世』2008年4月号~ 特集「源氏物語から千年」

ほか多数展示しております。

資料紹介コーナー「源氏物語の世界 -美術資料を中心に-」関係図書リスト(PDF:15KB)

資料紹介コーナーの様子

資料紹介コーナー「怪 -所蔵資料にみる幽霊・妖怪・陰陽師-」のご案内 [総合資料館]

京都の夏は厳しく、連日うだるような暑さが続いています。夏と言えば怪談、涼を求めて怪しの世界をのぞいてみませんか。

今回の資料紹介コーナーでは、幽霊や妖怪、陰陽師についての本をご用意しました。

幽霊や妖怪は人々の恐れや不安を具現化し、常識では原因のわからない物事を説明するものとして考えられました。そして陰陽道の理論によって怪異を究明し、呪術を用いてコントロールしようとしたスペシャリストが陰陽師です。モノノケたちをイメージした古人の想像力、謎を解明しようとする知的好奇心に驚かされます。

今回の資料紹介コーナーでひと時暑さを忘れていただき、楽しみながら当館資料に触れていただければ幸いです。

期間

平成20年8月6日(水曜日)~29日(金曜日)

   ※8月13日(水曜日)は休館 

場所

総合資料館3階 図書閲覧室

主な展示資料

  • 『画図百鬼夜行』
  • 『国芳妖怪百景』
  • 『暁斎妖怪百景』
  • 『幽霊名画集 全生庵蔵・三遊亭円朝コレクション』 
  • 『六道絵の研究』
  • 『安倍晴明 陰陽の達者なり』
  • 『安倍晴明と陰陽道展』
  • 『京都・異界をたずねて』
  • 『怖いこわい京都、教えます』

ほか多数展示しております。

資料紹介コーナー「怪 -所蔵資料にみる幽霊・妖怪・陰陽師-」関係文献リスト(PDF:13KB)

展示の様子

資料紹介コーナー「源氏物語の世界 -美術資料を中心に-」のご案内 [総合資料館]

今年は、世界最古の長編小説『源氏物語』の存在が記録されてから千年を迎える年にあたります。“源氏物語千年紀”事業として様々な催しが行われますが、当館でも所蔵資料の中から『源氏物語』にまつわる図書を紹介します。
当館では、古典籍以外に文学関係の資料は収集しておりませんので、『源氏物語』の研究書などはありませんが、『源氏物語』から派生した美術・芸術に関する図書を中心に展示します。
「源氏物語絵巻」をはじめとして、図案・工芸・芸能と『源氏物語』が影響を及ぼした世界は大変幅広く、多彩な日本の文化に満ちあふれています。
“源氏物語千年紀”の幕開けにぜひご覧ください。

期間

2008年1月10日(木曜日)~31日(木曜日)

   ※1月14日(祝日)は休館 

場所

総合資料館3階 図書閲覧室

主な展示資料

  • 『木版本源氏物語絵巻』
  • 『現代の源氏物語絵』
  • 『源氏物語図譜』
  • 『日本色彩大鑑』 第2~5巻 平安時代の色
  • 『源氏模様』
  • 『京菓子図案源氏54帖』
  • 『嵯峨御流花の源氏五十四帖』
  • 『源氏物語六条院の生活』
  • 『類聚雑要抄指図巻』
  • 『源氏物語の地理』
  • 『六條院へ出かけよう 源氏物語と京都』

ほか多数展示しております。

資料紹介コーナー「源氏物語の世界-美術資料を中心に-」関係図書リスト(PDF:20KB)

資料紹介コーナーの様子

資料紹介コーナーの様子

資料紹介コーナー「総合資料館所蔵 明治期の美術雑誌」のご案内 [総合資料館]

「秋」は「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」と言われていますが、みなさまはどのような「秋」をおすごしですか。
今回の資料紹介コーナーでは、「芸術の秋」にちなみ、美術関係資料、その中でも明治期の美術雑誌をご紹介します。
総合資料館では、明治期発行の希少な美術雑誌を多く収蔵しています。普段は書庫に入っており、目に触れる機会が少ない資料ですので、是非この機会に手にとってご鑑賞ください。

期間

2007年11月9日(金曜日)~30日(金曜日)

   ※11月14日(水曜日)、23日(祝日)は休館 

場所

総合資料館 3階図書閲覧室 

主な展示資料

  • 『絵画叢誌』(東陽堂)
  • 『画断』(画断社)
  • 『京都美術雑誌』『京都美術協会雑誌』『京都美術』(京都美術協会)
  • 『京にしき』(京にしき発行所)
  • 『国華』(国華社)
  • 『南宗画苑』(村上書店)
  • 『美』(芸艸堂)
  • 『美術画報』(画報社)
  • 『美術之日本』(審美書院)
  • 『風俗画報』(東陽堂)

ほか多数展示しております。

資料紹介コーナー「総合資料館所蔵 明治期の美術雑誌」リスト(PDF:74KB)

展示風景 

資料紹介コーナー「旧植民地を走る -台湾・樺太・朝鮮・満州の鉄道-」のご案内 [総合資料館]

10月14日は、「鉄道の日」です。明治5年(1872年)10月14日に、新橋~横浜を結んだ日本初の鉄道が開業しました。
今回の資料紹介コーナーでは、この「鉄道の日」にちなみ、戦前、植民地であった台湾・樺太・朝鮮・満州を走っていた鉄道を紹介します。
当館が所蔵する「旧外地資料」には、南満州鉄道関係をはじめ、旧植民地の鉄道に関する資料が多く含まれています。日常あまり利用されることのない資料ですが、今回の資料紹介コーナーを通じて直に触れ、戦前の鉄道事情を知っていただく一つの契機となれば幸いです。

期間

2007年10月11日(木曜日)~31日(水曜日) 

場所

総合資料館3階 図書閲覧室 

主な展示資料

  • 『台湾鉄道史 上・中・下巻』  台湾総督府鉄道部/編
  • 『台湾鉄道旅行案内』  [台湾総督府交通局鉄道部/編]
  • 『樺太要覧 昭和15年』  樺太庁/編
  • 『樺太庁統計書 昭和15年』  樺太庁長官官房文書課/編
  • 『朝鮮鉄道史 全』  [朝鮮総督府鉄道局/編]
  • 『韓国鉄道線路案内』  統監府鉄道管理局/[編]
  • 『朝鮮の鉄道』  [朝鮮総督府鉄道局/編]
  • 『満洲概観 2596年版』  南満洲鉄道株式会社総務部庶務課/編輯
  • 『鉄道統計年報 昭和7年度第1編』  南満州鉄道株式会社鉄道部/編
  • 『南満洲鉄道株式会社十年史』  南満洲鉄道/[編]
  • 『南満洲鉄道株式会社二十年略史』  南満洲鉄道/[編]
  • 『南満洲鉄道株式会社三十年略史』  南満洲鉄道株式会社/[編]
  • 『満蒙と満鉄』  南満洲鉄道株式会社/編
  • 『日本全国鉄道線路実粁程』  鉄道省/編
  • 『鉄道停車場一覧』  鉄道省/編
  • 『日満連絡貨物直通運賃便覧』  鉄道省運輸局/編
  • 『昭和鉄道史(別冊一億人の昭和史)』  [毎日新聞社/編]
  • 『汽車会社蒸気機関車製造史』  汽車会社蒸気機関車製造史編集委員会/著
  • 『満蒙の交通産業案内図』  吉田初三郎/著

ほか多数展示しております。

資料紹介コーナーの様子 

資料紹介コーナー「戦争体験記」のご案内 [総合資料館]

終戦から62年目の夏を迎え戦争体験のある方も随分少なくなりました。

今回の資料紹介コーナーでは、遠い記憶になりつつある悲惨な戦争体験を、京都に関わりのある方々の手記等によって紹介しています。

紹介資料の中には被爆体験や従軍体験について書かれたものもあり、これらの記録を後世に残し伝えることも資料館の役割です。戦争体験記を手に取ることで、戦争についてより深く考えていただければ幸いです。

期間

2007年8月3日(金曜日)~31日(金曜日)
(8月8日(水曜日)は休館)

場所

総合資料館3階 図書閲覧室 

主な展示資料

  • 『あの頃の子どもたち 五十年後から見た戦中戦後の教育体験』 京都大学教育学部第二期生有志/著
  • 『失われた青春 舞鶴海軍工廠女子動員学徒の記録』 洛友会編集委員会/編
  • 『かくされていた空襲 京都空襲の体験と記録』 京都空襲を記録する会・京都府立総合資料館/編
  • 『語り伝える京都の戦争 1 学童疎開』 久津間保治/著
  • 『語り伝える京都の戦争 2 京都空襲』 久津間保治/著
  • 『京都・左京の十五年戦争 戦時下を生きた人々』 平和と民主主義をすすめる左京懇談会/編
  • 『京都の「戦争遺跡」をめぐる 府下200カ所』 池田一郎/著
  • 『原爆被爆体験記』 芝山宏/編
  • 『少女たちの「出陣」』 京都府立福知山高等女学校第38回生学徒勤労動員を記録する会/編
  • 『戦争が遺したもの 平成16年度収蔵品展』 日吉町郷土資料館/編
  • 『二度と戦争を起さないための綾部戦争遺品展』 戦争遺品を見る綾部の会/編
  • 『母 集団疎開学童の日々』 徳野博久/著
  • 『引揚港舞鶴の記録 海外引揚40周年記念誌』 舞鶴市・引揚港“まいづる”を偲ぶ全国の集い実行委員会/編
  • 『被爆して生きて五十年 被爆50周年祈念誌』 「被爆50周年祈念誌」編集委員会/編
  • 『平和のための京都の戦争展 14年間(14回)の写真記録 1981~1994』 [京都平和資料事業センター/編]
  • 『私達の大東亜戦争』 思い出を綴る会/編

ほか多数展示しております。

展示風景

資料紹介コーナー「国勢調査の歴史 -国を挙げての大事業-」2007年6月14日~7月10日

国勢調査は、日本国内の人口、世帯、就業者からみた産業構造などの状況を地域別に明らかにする統計を得るために行われる、国の最も基本的な統計調査です。

一昨年の平成17年に18回目の調査が行われたので、調査票を書いた記憶のある方も多いのではないでしょうか。

この調査、大正9年から始まっているのですが、当館ではその第1回調査から現在までの調査結果をほとんど所蔵しており、また戦前日本の領土であった樺太、台湾、朝鮮などの国勢調査の資料も所蔵しています。

今回の資料紹介コーナーではこの国勢調査の歴史について紹介します。

また、展示してある資料は閲覧室で手にとってご覧いただけます。

期間

2007年6月14日(木曜日)~7月10日(火曜日)  

場所

総合資料館3階 図書閲覧室 

主な展示資料

  • 『国勢調査報告 大正9年全国の部』
  • 『樺太庁国勢調査報告 第1回(大正9年)』
  • 『第1回台湾国勢調査』
  • 『朝鮮国勢調査報告 全鮮編第1巻(昭和5年)』 
  • 『日本国勢調査記念録』 
  • 『統計集誌 大正9年 復刻版』
  • 『臨時国勢調査誌 昭和14年』大阪市役所/編
  • 『日本帝国人口統計 明治31年』
  • 『臨時台湾戸口調査結果表 明治38年』
  • 『関東局管内現住人口統計 昭和10年』
  • 『南洋群島島勢調査書 昭和10年』
  • 『在外本邦人調査報告 昭和10年』

など多数展示しております。

資料紹介コーナーの写真

資料紹介コーナー「嵐電と京都の路面電車 -京都の電車1-」2007年4月18日~5月18日

昨年11月に今までの愛称「嵐電」を正式名称にした京福電鉄嵐山線。今年3月には7駅の名称も変更され、親しんだ名前は変わりましたが、よりわかりやすくなったのではないでしょうか。

今回の資料紹介コーナーでは、その「嵐電」を中心に「叡電」(叡山電車)と廃線になった京都市内の路面電車(京電、市電、京阪京津線)の資料を紹介します。

また、最近導入が検討されているLRTについての資料もあわせて紹介しますので、今後の京都の交通を考えるきっかけにしていただければと思っています。

資料は閲覧席で手にとってご覧いただけます。

関係資料として、石井行昌氏が撮影された「明治・大正・京都の路面電車」の写真のパネルを、閲覧室入口横に展示しています。

期間

2007年4月18日(水曜日)~5月18日(金曜日)
(4月30日(月曜日)、5月3日(木曜日)~5日(土曜日)、9日(水曜日)は休館)

場所

総合資料館3階 図書閲覧室

紹介している作品図集

  •  『京福電気鉄道50年の歩み』
  •  『京都の街に嵐電 内藤靖正写真集』
  •  『駅名ものがたり 京の路面電車』(山谷和弥/著)
  •  『RAN』(京都ピイアールセンター)
  •  『最新版比叡山全図』(叡山ケーブル四明嶽駅内売店)
  •  『さよなら伏見・稲荷線』(京都市交通局) 
  •  『写真集「市電が走った京の街」ワンマンカー時代を中心として』(廣庭基介/写真・文)
  •  『N電(京都市電・北野線)廃止25周年回想録』(久保田良雄/著)
  •  『〔京都の市電をまもる会関係資料〕』
  •  『電車路線図』(吉田初三郎/画)
  •  『三条通りを走る電車 さよなら京津線』 
  •  『LRTが京都を救う 都大路まちづくり大作戦』
  •  『京都電車唱歌』(山田信次/作)
  •  『鉄道友の会 京都支部通信』
  •  『鞍馬電鉄沿線名所図絵』(吉田初三郎/作)

ほか多数展示しております。

 コーナーの様子 

参考

総合資料館が所蔵している嵐電や京都の路面電車関係の図書・雑誌

嵐電関係

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
京福電気鉄道50年の歩み 京福電気鉄道社史編さん事務局/編集 京福電気鉄道 1993  
京福電気鉄道30年史 京福電気鉄道株式会社/編 京福電気鉄道株式会社 1972
京都電燈株式会社五十年史  京都電燈/[編] 京都電燈 1939 
京都電燈株式会社五十年史追補 京都電燈五十年史追補刊行会/編  石川事務所 1967
京都の街に嵐電 写真集 内藤靖正/撮影・文 京都ピイアールセンター 1996
京都の街に嵐電 内藤靖正写真集  内藤靖正/撮影・文 京都ピイアールセンター 1998
1992夏から秋 嵐電 内藤靖正/撮影・文 京都ピイアールセンター 1993
駅名ものがたり 京の路面電車 山谷和弥/著 カギコウ 1992
嵐電ぶらり各駅めぐり 桜風舎/編 コトコト 2007
嵐電エリアマップ 01-04 京福電車/[編] 京福電車 2004
有価証券報告書総覧 1971-2006   朝陽会  
京都の電車 市電・嵐電・叡電・京津電車 高橋裕/編著 トンボ出版 1998
RAN 21(平3)~50号(平10) 京都ピイアールセンター/編 京都ピイアールセンター  
けいふく 97(平3)~132(平12)(欠有り) 京福電気鉄道/編 京福電気鉄道  

叡電ほか

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
叡山電鉄 京都大学鉄道研究会/編 京都大学鉄道研究会 1992
駅名ものがたり 続 山谷和弥/著  カギコウ  1992
叡山めぐり 京都電燈株式会社叡山電鉄課/[編] 京都電燈株式会社叡山電鉄課 [19--]
最新版比叡山全図 上田晶一郎/作図編輯 叡山ケーブル四明嶽駅内売店 1933
叡山頂上一目八方鳥瞰図 吉田初三郎/作 観光社  1926
比叡山 吉田初三郎/著 観光社 1926
イラストマップ EIDEN 叡山電鉄株式会社/[編] [叡山電鉄] [2007]
比叡登山空中ケーブル      
高雄電気鉄道株式会社営業概要起業予算書建設費用営業収支予算書定款 高雄電気鉄道株式会社/編 高雄電気鉄道 [1930]
鞍馬電鉄沿線名所図絵 吉田初三郎/著 鞍馬電気鉄道  1928
鞍馬山の遊覧 鞍馬電気鉄道/[編] 鞍馬電気鉄道 [19--]
麗しの愛宕山鉄道鋼索線(ケーブル) 鳥越一朗/著 ユニプラン 2002

京都電気鉄道(京電、チンチン電車)

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
「チンチン電車」のルーツを探ると「かくれた史跡を訪ねて」歩こう会 寺町会/編 寺町会 1987
京都府臨時市部会決議議事録 明治26年6月 京都府会/編 京都府会 [1893]
京都の地域政治と鉄道   同志社大学人文科学研究所 2005
さよなら伏見・稲荷線 京都市交通局/[編]  京都市交通局 1970

市電関係

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
京都市電物語 思い出のアルバム 京都新聞社/編  京都新聞社  1978
さよなら京都市電 83年の歩み 京都市交通局/編   京都市交通局 1978
京都の市電 古都に刻んだ80年の軌跡 湯本和夫/編   立風書房 1978 
京都市電 回想のアルバム 品川文男/著   室町書房  1999
京都市電が走った街今昔 古都の路面電車定点対比 沖中忠順/著  JTB  2000
京都市電の廃線後を探る 中村浩史/[著]   岐阜新聞社  2003
写真集「市電が走った京の街」 廣庭基介/撮影・文  [廣庭基介]   2004
汽車と電車の写真集 廣庭基介/撮影・文  [廣庭基介]   2001
N電 京都市電北野線 吉川文夫/著  ネコ・パブリッシング   2002
N電(京都市電・北野線)廃止25周年回想録 久保田良雄/著 室町書房  1986
目でみる70年史 チンチン電車から地下鉄まで     1982
電車路線図 吉田初三郎/[画]  京都市交通局 [1955]
軌道事業略史 京都市交通局総務部庶務課/編  京都市交通局 1952
市バス・市電案内 昭和51年(ほか)  京都市交通局/[著] 京都市交通局  
京都の都市交通と料金問題について 同志社大学鉄道同好会/編 同志社大学鉄道同好会 1967
八方ふさがりの交通局 管理者の泣きごと 京都市交通局/[編] 京都市交通局 [1970]
あすの京都の交通をめざして 京都市交通局/[編] 京都市交通局 [1973]
市電・市バスを考える 京都市交通局/編 京都市交通局 [1975]
京都市市電公社構想の提言 市電新外周線存続計画  京都の市電をまもる会/編 京都の市電をまもる会 1978
[京都の市電をまもる会関係資料]
その1~3 
京都の市電をまもる会/編  京都の市電をまもる会  1971-1978
市電を生かした速くて便利な京都の都市交通システムの提案 日本科学者会議京都支部交通問題研究委員会/[編] 日本科学者会議京都支部交通問題研究委員会 1971
市電22番 みたさわったゆれた 吹田恭子/編 文理閣 1978
じいさんと市電 京都児童文学会/編 サンブライト出版 1987

京津線

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
グラフ京阪 1997秋季号  京阪電気鉄道株式会社総務部/編 京阪電気鉄道株式会社総務部  1997 
さようならの風景 写真集  内藤靖正/撮影  京都ピイアールセンター  1997
三条通りを走る電車 さよなら京津線  稲置佳広/著 すばる出版  1997

LRT

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
近年の京都市の交通政策と市民の動き 地球温暖化防止京都ネットワーク/[編] 地球温暖化防止京都ネットワーク 2002
まちづくりと交通 土居靖範/編著 つむぎ出版 1997
Q&A ひと・まち・交通 土居靖範/共著 つむぎ出版 1999
LRTが京都を救う 土居靖範/共著 つむぎ出版 2004
ねっとわーく京都 179号     2003

その他

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
京都滋賀鉄道の歴史 田中真人/著 京都新聞社 1998
鉄道友の会 京都支部通信 53(昭62)~89(平5)(欠有り) 鉄道友の会京都支部/[編] 鉄道友の会京都支部  
ポイント 10号(昭49)~40(平18) 立命館大学鉄道研究同好会/編 立命館大学鉄道研究同好会  
京都電車唱歌 山田信次/作 杉本甚之介 1913
全国鉄道事情大研究 京都・滋賀篇 川島令三/著 草思社 1992
地方鉄道・軌道一覧  鉄道同志会/編 鉄道同志会 1929

資料紹介コーナー「鬼-京都の伝説から-」
2007年2月1日~2月13日

今年も節分の季節となりました。節分にちなんで「鬼」についての資料をご紹介します。

「鬼」と言われてみなさんはどのような「鬼」を想像されるでしょうか?

今回は、京都の伝説の中の「鬼」、特に酒呑童子(しゅてんどうじ)を中心にまとめてみました。「鬼」を通して、郷土の伝説についての知識を深める機会にしていただければと思っております。

期間

2007年2月1日(木曜日)~2月13日(火曜日)
(2月12日(月曜日)は休館)

場所

総合資料館3階 図書閲覧室

紹介している作品図集

  • 『鬼力話伝45』 
  •  『大江山の酒呑童子』
  •  『大江山千丈ケ嶽酒呑童子由来』
  •  『頼光大江山入』(嘉永5)
  •  『続日本絵巻大成19 土蜘蛛草紙 天狗草紙 大江山絵詞』
  •  『繪卷物長谷雄卿逢羅城門鬼神之圖』(パネル展示)
  •  『御伽文庫 しゆてんとうし』(パネル展示)

ほか多数ご紹介しております。 

資料紹介コーナーの様子

参考

総合資料館が所蔵している「鬼」等に関する図書・雑誌

解説書

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
鬼力話伝45 日本の鬼の交流博物館/編  大江町役場総務企画課 [1996]    
鬼力話伝 其の弐 日本の鬼の交流博物館/編 大江町役場 [2001]
丹波の古道  奥谷高史/著  綜芸舎 1980 
大江山酒呑童子  京都府立丹後郷土資料館/編  京都府立丹後郷土資料館 1977
大江山の酒呑童子  大江山鬼伝説一千年祭実行委員会鬼文化部会/編 大江山鬼伝説一千年祭実行委員会鬼文化部会  1990
大江山鬼伝説考  大江山鬼伝説一千年祭実行委員会鬼文化部会/編 大江山鬼伝説一千年祭実行委員会鬼文化部会 1990
大江山の伝説  藤田昤二/著 自衛隊福知山駐とん地広報室 1975
新修亀岡市史 本文編 第1巻 亀岡市史編さん委員会/編 亀岡市 1995.1
大江町誌 通史編上巻 大江町誌編纂委員会/編 大江町 1983.3
歴史と伝説の里・丹後 丹後伝説の科学的考察 鬼塚史朗/著 あまのはしだて出版 2005.2
むかし丹波の大江山 伝説の大江山とその周辺 奈良井俊一/編 大江町役場企画課 1977
丹後三大説話考 鈴本仙三/著 〔鈴本仙三〕 1987.9
大江山鬼神幻景 麻呂子親王伝説をさぐる 村上政市/著 日本の鬼の交流博物館 1999.6
大江山酒呑童子伝説文献目録 京都府立丹後郷土資料館/編 京都府立丹後郷土資料館 1977

『酒呑童子』のお話

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
酒呑童子由来 大江山千丈ケ岳(復刻)   鬼ケ茶屋 1976.1
大江山千丈ケ嶽酒呑童子由来   桝屋卯右エ門  
大江山千丈ケ岳酒顛童子由来 黙知軒光研/著 玄妙庵 1935.10
大江山千丈ケ岳酒顛童子由来 岩屋寺光研/著 なかや旅舘 1937.8
武勇繪本大江山(1巻のみ)     1780序
大江山千丈ケ嶽鬼神退治平均録 ゑ入 有楽齋長秀/書画 麸屋源右エ門 文政8
頼光大江山入 歌川直政/画 〔吉田〕屋文三郎 嘉永5
酒呑童子 下村良之介/絵 「京の絵本」刊行委員会 1994.5
続日本絵巻大成 19 小松茂美/編 中央公論社 1984.4
御伽文庫 しゆてんとうし     江戸時代中期刊

『長谷雄草紙』関係

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
日本絵巻大成 11 小松茂美/編 中央公論社 1977
日本絵巻物全集 18 角川書店編集部/編集 角川書店 1968
鬼のいる光景『長谷雄草紙』にみる中世 楊暁捷/著 角川書店 2002.2
繪卷物長谷雄卿逢羅城門鬼神之圖     江戸時代中期

その他「鬼」関係

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
おもしろ鬼学 山嵜泰正/著 北斗書房 [2003.1]
鬼の地名辞典 鬼のルーツを地名から探る 荒木伊佐男/[ほか著] 鬼を語る会 [1982]
世界鬼学会会報 世界鬼学会/編 世界鬼学会  

ミニ展示「おりがみ」
2006年12月19日~2007年1月9日 

総合資料館が所蔵する美術・工芸関係図書の中に、「折り紙」に関する図書や雑誌があります。

年末年始にあたって、日本の伝統的な工芸である折り紙に親しんでいただこうと、折り紙や千代紙、唐紙などの関係図書類を集めました。

展示では、実際の折り紙も用意しますので、手にとって折ってみてください。 年賀状の参考としてもご活用ください。

期間

2006年12月19日(火曜日)~2007年1月9日(火曜日)
(12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)は休館)

場所

総合資料館3階 図書閲覧室

紹介している作品図集

  • 『おりがみ』(日本折紙協会発行月刊誌)
  • 『京おりがみ『竹取物語』を折る』
  • 『折り紙建築京の旅』
  • 『中国の剪紙芸術』
  • 『秘傳千羽鶴折形 復刻』
  • 『女風俗玉鏡』
  • 『おりがみ 古典にみる折り紙』
  • 『江戸千代紙』
  • 『唐長の京からかみ』

ほか多数展示しています。

展示風景の写真

参考

総合資料館が所蔵している「おりがみ」等に関する図書・雑誌

おりがみ

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
おりがみ 日本折紙協会 日本折紙協会 昭50~
おりがみ通信 京都おりがみ会 京都おりがみ会 昭49~平7
京おりがみ 荒木京/著 恒星社厚生閣 1973
日本のおりがみ100選 高木智/編著 ナツメ社 1978
おりがみゆうえんち 高木智/著 日東書院 1975
おりがみすいぞくかん 高木智/著 日東書院 1975
おりがみどうぶつえん 高木智/著 日東書院 1975
折雛細工手ほどき 中嶋種二/著 中嶋種二 1932
おりがみ傑作選 1~3 日本折紙協会/編 日本折紙協会 1998
折り紙 内山興正/著 国土社 1962
花紋折り 柳宗理/監修・編集 芸艸堂 1988
京おりがみ『竹取物語』を折る 松原みち子/共編著 成美堂出版 1986
折紙図鑑 村上忠美/著 葦書房 1983
わたしはつる 高木素生/撮影 主婦の友インフォス情報社 2004

切り紙関係

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年

折り紙建築京の旅

茶谷正洋、中沢圭子/著 彰国社 1994
中国の剪紙芸術 藤井増蔵/編著 三省堂 1988
剪紙 剪紙愛好会/編 マール社 1975
中国民間剪紙 1~3 中国美術家協会美術服務部/編 国際書店 1955,1956
紙のフォルム1 尾川宏/著 求竜堂 1967
紙のフォルム2 尾川宏/著 求竜堂 1976
紙の造型 アーサー・サドラー/著 求竜堂 1966
きりがみのイラストレーション(双書美術の森) 安野光雅/絵 岩崎美術社 1978
ヨーロッパのきりがみと影絵(双書美術の泉) 友部直/編著 岩崎美術社 1979
きりがみ昔咄(双書美術の泉) 安野光雅/著 岩崎美術社 1980

おりがみの歴史

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
秘傳千羽鶴折形 解説 日本折紙協会/編 日本折紙協会 1991
秘傳千羽鶴折形 復刻 魯縞庵義道一円/〔ほか〕著 日本折紙協会 1991
おりがみ 古典にみる折り紙 高木智/著 日本折紙協会 1993
女風俗玉鏡 [上] 江島其磧/作 西川祐信/画    
小笠原流包結のしるべ 上・下 花月庵鶴友/著 大文館書店 1931
小笠原諸礼調法記 下巻   播磨屋理助 天保14

紙関係

書名・誌名 編・著者 発行所 発行年
ほち袋集   不明 不明
千代紙の世界 アン・ヘリング/著 講談社インターナショナル 1987
おもちゃ博物館 8 多田敏捷/編 京都書院 1992
江戸の千代紙 いせ辰三代 広瀬辰五郎/著 徳間書店 1977
江戸千代紙 上下 広瀬辰五郎/著 丸ノ内出版 1971
京からかみと千代紙 久米康生/著 雄松堂出版 1986
京都、唐紙屋長右衛門の手仕事 千田堅吉/著 日本放送出版 2005
唐長 京唐紙 千田堅吉/監修 ピエ・ブックス 2005
日本の文様 京からかみ(双書美術の泉)   岩崎美術社 1983
京からかみ 唐長版 森田和紙研究所/編 森田和紙研究所 1984
唐長の京からかみ 和風建築社/企画・編集 学芸出版社 1994
京からかみ文様譜 久米康生/編著 思文閣出版 1979
京からかみ 唐長手刷木版文様 1,2   安双久夫/編著 美術出版社 1966,
1967
京からかみ Ina booklet 伊奈ギャラリー企画委員会/企画編集 伊奈製陶東京ショールーム 1982

「京焼を中心とした陶芸図録紹介コーナー」
2006年11月2日~15日

総合資料館では、様々な美術・工芸関係の図書を収集し所蔵しています。

今回、京焼を中心に陶芸家の作品図集、展覧会図録を紹介するコーナーを下記のとおり設けます。

この機会にご覧いただくとともに、所蔵の美術関係図書をご活用ください。

期間

2006年11月2日(木曜日)~15日(水曜日)

場所

総合資料館 図書閲覧室

紹介している作品図集

  • 『石黒宗磨作陶五十選』
  • 『宗甕』
  • 『河井寛次郎作品集』
  • 『楠部弥弌』
  • 『富本憲吉全集』
  • 『八木一夫作品集』

ほか多数作家の図集を集めています。 

「小さな資料紹介コーナー」
2006年10月12日~25日

10月18日は、「統計の日」です。この日は、統計の重要性に対する関心と理解を深めるとともに、統計調査により一層の協力を得るため、昭和48年7月3日の閣議了解によって定められたものです。

総合資料館では、様々な統計資料を収集し所蔵しています。「統計の日」にちなみ、館蔵の統計資料の紹介コーナーを上記の期間設けました。

このコーナーが、多くの方に統計資料にふれていただく機会となればと思っています。

期間

2006年10月12日(木曜日)~25日(水曜日)

場所

総合資料館 図書閲覧室

紹介している統計資料

  • 『工業統計表』品目編 平成16年
  • 『京都府産業の展望』 2005
  • 『京都府の気象(年報)』平成12~17年
  • 『日本長期統計総覧』4
  • 『国勢調査による町別人口(京都市)』 平成17年
  • 『住民基本台帳による町別人口(京都市)』 平成17年版
  • 『商業統計表』業態別統計編(小売業) 平成16年
  • 『我が国の商業』  2005
  • 『統計情報インデックス』 2006
  • 『京都府統計書』 平成16年
  • 『京都府漁業の動き』 平成16年
  • 『大阪府統計年鑑』 平成17年度
  • 『滋賀県統計書』 平成15年度
  • 『奈良県統計年鑑』 平成16年度
  • 『兵庫県統計書』 平成15年
  • 『和歌山県統計年鑑』 平成17年
  • 『住民基本台帳人口要覧』 平成18年版

資料展示風景

ミニ展示「京のまつり」
2006年9月14日~2006年9月22日

期間

2006年9月14日(水曜日)~2006年9月22日(火曜日) 

場所

総合資料館3階 図書閲覧室 

 参考 

総合資料館が所蔵している「祭り」等に関する図書・雑誌

書名 著者等 出版年
祭礼一般  
日本歳事史 京都の部 江馬務著 1922
亀山祭 解説と史料 亀岡市文化財保存会編 1955
日次紀事 本文と索引 大阪女子大学編 1982
京都歳時記 宗政五十緒編 1986
丹後6町のまつり100 京都府峰山地方振興局編 1989
都道府県別祭礼行事 京都府 高橋秀雄監修 1992
民俗祭事の伝統 丹波・亀岡の祭 民俗祭事調査会編集 1992
京の祭歳時記 横山健蔵著 1993
京の祭と歳時12カ月 落合俊彦著 1999
山・鉾・屋台の祭り 風流の開花 植木行宣著 2001
岩滝の大祭礼 福持昌之編著 2002
府内の祇園祭 横山健蔵写真 2002
京の歳時記今むかし  山路興造監修 2006
やすらい祭  
やすらい花調査報告書 芸能史研究会編 1977
京都洛北やすらい祭 立命館大学産業社会学部編 2003
葵祭  
葵祭(賀茂祭)   1991
加茂神社葵祭解説 歴史風俗研究会編 1920
賀茂葵祭解説 改訂版 江馬務著 1929
葵祭と賀茂神社 関西名勝史蹟調査会編 1931
葵祭・祇園祭・時代祭 東海旅客鉄道株式会社編 1992
下鴨神社と糺の森 賀茂御祖神社編 2003
京の葵祭展 京都文化博物館編 2003
祇園祭  
祇園会細記   江戸期
祇園会鉾記   江戸期
祇園神輿洗ねり物絵客列書 有楽斎長秀画 江戸期
古代山鉾図譜 京都祇園会編 江戸期
山鉾由来記 2巻 絵入 山本長兵衛 江戸期
祇園会山鉾之由来 有楽斎長秀画 江戸期
京都祇園会図会 浅井広信著 1894
文献に顕はれたる祇園会に関する目録 有楽会 1928
祇園ねりもの 田中緑江著 1936
祇園祭染織名品集(上・下) 祇園祭染色研究会編 1970
祇園祭工芸名品集(上・下) 祇園祭工芸研究会編 1971
京都祭の魅力1 横山健蔵写真 1994
京都祭の魅力2 横山健蔵写真 1994
山鉾 八坂神社社務所 1940
祇園祭 戦後のあゆみ 京都市文化観光局編 1967
祇園祭 山鉾実測 京都市文化観光局編 1968
重要文化財祇園会鯉山飾毛綴修理報告書 鯉山保存会編 1968
祇園会山鉾「鷹山」関係史料 上・下 同志社大学人文研編 1962
祇園祭山鉾由緒及びその附属品目録 1・2 京都市文化観光局編

1969

祇園祭・山鉾の銅掛 サントリー美術館編 1970
祇園祭 鉾立と細部意匠 近藤豊著 1972
近世祇園祭山鉾巡行史 改訂 祇園祭山鉾連合会編 1974
祇園祭 祇園祭編纂委員会編集 1976
祇園祭 写真記録 祇園祭山鉾連合会編  1978 
祇園祭 町衆としきたり  祇園祭山鉾連合会編  1979
 祇園祭山鉾鯉山 鯉山保存会編  1980
講座記録祇園祭 祇園祭山鉾連合会編 1981
祇園会山鉾大鑑 若原史明著 1982
京の祭の遺宝剣鉾の伝統展 京都市社会教育振興財団編 1986
ドキュメント祇園祭 米山俊直編著 1986
祇園祭 山鉾実測 再版 京都市文化観光局編 1987
講座祇園囃子 祇園祭山鉾連合会編 1988
祇園祭細見 山鉾篇 3版 松田元編画 1990
祇園祭山鉾懸装品調査書 祇園祭山鉾連合会編 1991
祇園祭山鉾懸装品調査報告書 梶谷宣子著 1992
祇園祭大展 祇園祭山鉾連合会編 1994
京都祇園祭の山鉾の図のある江戸時代の板本 大鳥居総夫著 1995
牛祭    
太秦牛祭畫巻 高島千春縮図 1817
太秦牛祭 田中緑江著 1948
時代祭  
平安神宮時代祭行列図譜 平安遷都紀年祭協賛会編 1895
平安時代祭史 京都史蹟宣揚会編 1930
現代版・時代祭 京都商工会議所編 1984
時代装束 京都書院 1995
時代祭徳川城使上洛列報告書 修徳自治連合会編 1999
時代祭鞍馬の火祭嵐山もみじ祭 菊池聡編 2004
火祭  
鞍馬山歳時記 信楽香雲著 1970
四季の鞍馬 高橋良和文 1983
フィールドワーク鞍馬の火祭り 立命館大学高木ゼミ編著 1999
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?