ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府立総合資料館 Kyoto Prefectural Library and Archives > 資料紹介コーナー「”防災の日”にちなんで」[総合資料館]

ここから本文です。

資料紹介コーナー「”防災の日”にちなんで」[総合資料館]

資料紹介コーナー「”防災の日”にちなんで」[総合資料館]

9月1日の「防災の日」は、大正12(1923)年のこの日に起きた関東大震災の惨事を忘れないという意味と、この時期に多い台風に対して防災意識を高める意味を込めて昭和35(1960)年に制定されました。

今回の資料紹介コーナーでは、京都に関わる災害関連や防災についての資料を展示します。

「防災の日」を契機に、ご家庭の災害対策を再確認し、防災について話し合ってみてはどうでしょう。

期間

平成21年8月13日(木曜日)~9月8日(火曜日)

場所

総合資料館 3階 図書閲覧室

主な展示資料

  • 『嗚呼殉職四訓導』
  • 『奥丹後震災誌』
  • 『亀岡の水害写真集』
  • 『京都府の地震と活断層』
  • 『昭和28年大災害をふりかえる』
  • 『バスの屋根の上で 童話の泉』
  • 『郷土を守り続けて 自治体消防発足50周年記念』
  • 『防災白書 平成20年版』

ほか多数展示しております。

資料紹介コーナー「”防災の日”にちなんで」関係資料一覧(PDFファイル,18KB)(PDF:17KB)

資料紹介コーナーの様子

資料紹介コーナー一覧のページに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?