ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府立総合資料館 Kyoto Prefectural Library and Archives > 「北山から未来へ」(概要報告) [総合資料館]

ここから本文です。

「北山から未来へ」(概要報告) [総合資料館]

三機関包括協定締結記念事業「北山から未来へ」共同事業等実施結果について

 去る平成21年10月31日(土曜日)から11月29日(日曜日)まで開催しました共同事業「北山から未来へ」につきましては、期間中多数のご参加・ご来場をいただき、ありがとうございました。

企画展「北山の歴史をふりかえる
    -資料館・府立大学・植物園の昔と今-」

(10月31日(土曜日)~11月29日(日曜日)、総合資料館2階展示室、主催:総合資料館、府立大学、植物園)

 三機関の資料を使って北山の歴史をたどる企画展を開催しました。
 資料館の古地図や行政文書、府立大学の写真や学報、植物園のゴールデンキーや写生植物などさまざまな資料を使った企画展は、延べ1,739人の方にご来場いただきました。

(写真)記者発表をする井口総合資料館長(左)と列品解説の様子(右)
記者発表をする井口館長の写真    企画展、列品解説の写真

シンポジウム「古都のイメージ大解剖!
    -川端康成の「古都」を手がかりに-」

(11月3日(火曜日)、府立大学大学会館、主催:府立大学、総合資料館、植物園、京都府立大学地域連携センター)

 府立大学の野口祐子教授、赤瀬信吾教授、浅井学准教授、植物園の松谷茂園長、総合資料館の井口和起館長による公開シンポジウムを開催しました。
 川端康成の「古都」を題材に、小説・植物・映画・歴史など様々な観点から古都京都のイメージを探り、京都らしさとは何かということを考察しました。

(写真)講演を聞く皆さん(左)とシンポジウム(右)
講演を聞く皆さんの写真    公開シンポジウムの様子の写真

府民講座「北山の都市計画-琵琶湖疏水支線と北山の景観-」

(11月5日(木曜日)、総合資料館2階会議室、主催:総合資料館)

 京都工芸繊維大学大学院の小野芳朗教授による、北山の都市計画をテーマとした府民講座を開催しました。
 講演終了後も、質問や意見交換などが活発になされ、好評のうちに終了しました。

(写真)講演中の小野先生と受講者の皆さん(左右とも)
講演中の小野先生と受講生の皆さんの写真その1    講演中の小野先生と受講者の皆さんの写真その2

京都の歴史を歩こう!-北山魅力発見!探検ウォーク-

(11月14日(土曜日)、総合資料館ほか、主催:総合資料館、府立大学、植物園)

 京都府立大学の上杉和央先生や学生の引率のもと、北山地域を散策しながら地域の歴史を学ぶ探検ウォークを開催しました。
 資料館を出発し、紅葉が見頃の植物園、府立大学をはじめ、琵琶湖疏水分線や児童公園など晩秋の北山地域を徒歩で探検しました。
 普段は何気なく通り過ぎる場所に秘められた地域の歴史を学び、また、十二間道路と呼ばれた北山通を徒歩で計測した結果、ぴったり十二間(約22メートル)であったことなど、参加者の皆さんも実際に体験しながら学んでいただいたことが大変好評でした。

(写真)探検ウォーク、歩きなれた道の散策(左)と石碑の説明を聞く様子(右)
北山の道を歩く写真    石碑の説明を聞く写真

北山スタンプラリー、あおいポストの設置

(スタンプラリー:11月21日(土曜日)、11月22日(日曜日)、あおいポストの設置:11月21日(土曜日)~11月26日(木曜日)、主催:総合資料館、府立大学、植物園、陶板名画の庭、京都コンサートホール(以上スタンプラリー)、賀茂葵コミュニティ(あおいポスト))

 府民のみなさまに北山の施設をもっと身近に感じていただこうと、総合資料館・府立大学・植物園・陶板名画の庭・京都コンサートホールの五施設をめぐるスタンプラリーを開催しました。
 また、京都市北部の自治会や大学などが結成した「賀茂葵コミュニティ」の中で京の輪プロジェクトが発案した地域の目安箱、「あおいポスト」がスタンプラリーのスタンプ押印地点に設置されました。
 秋晴れの清々しい週末、家族連れをはじめとした多くの方々がスタンプラリーに参加し、様々なイベントが行われている五つの施設をめぐって秋の北山地域を楽しみました。
 また、「あおいポスト」には地域に対する様々な意見が集まりました。

(写真)スタンプラリーの様子(植物園、左)とゴールした子供たち(資料館、右)
植物園でのスタンプラリーの様子の写真    ゴールした子供たちの写真

収蔵展示室特別公開-人々が使い、伝えてきた道具たち-

(11月21日(土曜日)、11月22日(日曜日)、総合資料館収蔵展示室、主催:総合資料館)

 約200点の民具が収蔵された収蔵展示室を2日間に限り特別に公開しました。

(写真)収蔵展示室と民具(左右とも)
収蔵展示室特別公開の写真1    収蔵展示室特別公開の写真2

総合資料館書庫ツアー

(11月22日(日曜日)、総合資料館書庫、主催:総合資料館)

 職員が総合資料館の書庫を案内する書庫ツアーを開催しました。

(写真)説明する職員と来館者の皆さん、古文書(左)と貴重書(右)
書庫に収蔵された古文書の写真    書庫に収蔵された貴重書の写真

園城三花トワイライトコンサート

(11月21日(土曜日)、総合資料館正面玄関ホール
  主催:総合資料館、NPO法人三つの花希望プロジェクト)

 フルート奏者の園城三花さんをはじめとするカルテットをお招きして、コンサートを開催しました。
 100人を超える来館者が、エントランスホールに響き渡る美しい調べにうっとりと耳を傾けました。

(写真)コンサートの模様、演奏する園城三花さんたち(左)と来館者の皆さん(右)
コンサート、演奏の写真    コンサート、集まった皆さんの写真

地域連携講演会「地域のつながり―歴史と文化」

(11月26日(金曜日)、総合資料館4階講堂
  主催:総合資料館、賀茂葵コミュニティ)

 総合資料館と賀茂葵コミュニティが共同して、地域連携講演会・パネルディスカッションを開催しました。
 賀茂別雷神社(上賀茂神社)の田中安比呂宮司と総合地球環境学研究所の秋道智彌副所長による講演、続いて5人のパネリストを中心に「京都市北部の協働まちづくり。未来に向かって!」と題したオープンディスカッションが行われました。
 前半の講演では、歴史や環境を通して地域のありかたが語られ、後半のディスカッションでは上賀茂・下鴨・松ヶ崎の代表によって活発な議論が交わされました。

(写真)講演中の田中安比呂宮司(左)とパネルディスカッションの様子(右)
田中安比呂宮司による講演の写真    パネルディスカッションの様子の写真

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?