ここから本文です。

若狭湾国定公園

変化に富んだ海岸線がつくる絶景

若狭湾国定公園は舞鶴市の大浦半島から福井県の気比の松原に至る海岸線沿いに指定され、その西半分が京都府域を占めダイナミックな海岸美が特徴です。

公園全景イラスト


若狭湾は、半島と湾入を繰り返す複雑な海岸線を持つリアス式海岸で、海岸線から断崖や岩礁などの迫力のある風景が数多く見られます。

美しい眺望から別名「若狭富士」と呼ばれている青葉山は、その山姿だけでなく、山頂の展望台から内浦湾が一望できます。また、空山に至る林道から見える日本海に浮かぶ島々の風景も絶景です。

冠島は、天然記念物であり、京都の鳥にも指定されている「オオミズナギドリ」の生息地になっています。また、青葉山には希少な植物「オオキンレイカ」が、成生岬には樹齢300年を超える日本最大級のスダジイが自生するなど、貴重な自然の宝庫でもあります。なお、冠島と沓島は、自然環境保全のため通常上陸が禁止されています。

神崎、竜宮浜、野原での海水浴や青葉山の登山、パラグライダーやスキューバダイビングなども楽しめ、美しい景観に恵まれたレジャースポットが豊富です。 

神崎海岸 冠島(オオミズナギドリ) 青葉山 舞鶴湾 スダジイ

 

■所在地:舞鶴市

■指定年月日:昭和30年6月1日(区域見直し:平成19年8月3日)

■面積:3,738ha(京都府域のみ)

コラム

雄島まいり

日本海に浮かぶ冠島と沓島は、寄り添うように並んでいることからそれぞれ「雄島」と「雌島」とも呼ばれています。両島は特別保護地区に指定されており、自然環境保全のため通常上陸が禁止されていますが、雄島内に祀られている老人島(おいとじま)神社の祭り「雄島まいり」が毎年6月1日に行われ、この日に限り許可された人の上陸が許されています。雄島は、古くから地元の漁師の信仰が篤く、雄島まいりでは地元の漁船が豊漁と海上の安全を祈願して雄島に向かいます。

地種区分

特別保護地区 原生状況を維持する必要のある地域 46ha
第1種特別地域 現在の景観を極力維持する必要のある地域 284ha
第2種特別地域 農林漁業活動について調整を図ることが必要な地域 1,860ha
第3種特別地域 通常の農林漁業活動については原則容認する地域 1,353ha
普通地域 特別地域の風景維持のための緩衝地帯として必要な地域 195ha

 

若狭湾国定公園区域図(PDF:369KB)

 

許可基準及び届出について

国定公園内での各種行為(工作物の新築・増築・改築、木竹の伐採、土地の形状変更等)については、自然公園法に基づく知事の許可または事前の届出が必要な場合がありますので、行為地を所管する土木事務所にお問い合わせください。

行為の区分   特別保護地区 第1種特別地域 第2種特別地域 第3種特別地域 普通地域
木材の伐採 許可 許可しない 単木択伐法であること 単木択伐法又は2ha以下の皆伐法 要件なし
届出 届出不要
工作物 許可 地下工作物、既設工作物の改築及び災害復旧以外は許可しない 主要道路の路肩から20m以上離れていること(ただし、公共施設、農林漁業施設及住民の日常生活維持に特に必要な施設を除く)
届出 30m以上の鉄塔等巨大工作物については届出が必要

 

■問い合わせ先

(舞鶴市域)京都府中丹東土木事務所(電話番号:0773-42-8764)

若狭湾国定公園アクセスマップ

アクセスマップ

さらに詳しい地図情報を見る(京都府・市町村共同地理情報システム)(外部リンク)

 

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp