ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > 京都府の防災消防 > 平成30年度京都府消防定例表彰式の開催について

ここから本文です。

平成30年度京都府消防定例表彰式の開催について

報道発表日:平成31年1月28日

府民生活部防災消防企画課
075-414-4478

消防に関して功労のあった消防吏員、消防団員及び優秀な消防機関等に対して知事から表彰を行う平成30年度京都府消防定例表彰式を、下記のとおり開催しますのでお知らせします。

1日時

平成31年2月3日(日曜日)13時~14時30分

2場所

京都平安ホテル東山の間(京都府京都市上京区烏丸通上長町者上ル)

3出席者

京都府知事、(公財)京都府消防協会副会長

4来賓

京都府議会議長

5式次第

(1)開式

(2)知事式辞

(3)表彰

ア消防機関表彰:4団体

イ消防吏員・消防団員表彰

功労章:24名

永年勤続功労章:68名

精励章:182名

ウ四世代消防団員表彰:20家族45名

エ安全功労者表彰:1名

オ自主防災活動表彰:4名

カ京都府消防協会長表彰(消防機関表彰):4団体

(4)来賓祝辞

京都府議会議長

(5)受章者代表謝辞

(6)閉式

6受章機関及び受章者

受章機関及び受章者一覧

 

(1)消防機関表彰

竿頭綬

京都市西京消防団桂坂分団

宇治市消防団槇島分団

亀岡市消防団東別院分団

福知山市消防団佐賀分団

(基準)防災思想の普及、消防施設の整備等の活動成績が特に優秀で、他の模範と認められる消防機関

(2)消防吏員・消防団員表彰

功労章

24名(別添名簿のとおり)

(基準)消防吏員は消防司令補以上の階級に、消防団員は分団長以上の階級に、原則10年以上在級し成績が特に優秀な者

永年勤続功労章

68名(別添名簿のとおり)

(基準)消防吏員または消防団員として、勤続年数が20年以上あり、成績が特に優秀な者

精励章

182名(別添名簿のとおり)

(基準)消防団員として、勤続年数が概ね10年以上あり、成績が特に優秀な者

(3)四世代消防団員表彰

20家族45名(別添名簿のとおり)

(基準)四世代以上にわたり消防団活動に従事している者

(4)安全功労者表彰

湯浅 康平(下京防火協会会長)

(基準)安全思想の普及徹底又は安全水準の向上のため、各種安全運動、安全のための研究若しくは教育又は災害の発生防止若しくは被害の軽減に努めた者。

(5)自主防災活動表彰

乾学区自主防災会(京都市)

桃薗学区自主防災会(京都市)

精華台四丁目自主防災会(精華町)

馬路町自主防災会(亀岡市)

(基準)防火防災に関する活動及び普及啓発に功労があった自主防災組織

(6)その他 以下の(公財)京都府消防協会長表彰についても本表彰式席上で授与する。

優秀竿頭綬

宇治市消防団大久保分団

亀岡市消防団曽我部分団

(基準)規律厳粛にして技能熟達し、且つ、各般の施設充実し平素能く消防の使命達成に努めその精績抜群であり、一般の亀鑑とすべき消防団

無火災竿頭綬

亀岡市消防団東本梅分団

亀岡市消防団つつじ分団

(基準)平素能く消防の使命達成並びに消防思想の普及宣伝に努め、一定期間その管轄区域が無火災出であった消防団

平成30度京都府消防定例表彰式受章者名簿(PDF:1,145KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部防災消防企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4477

bosaishobo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?