ここから本文です。

障害者芸術について

「障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会」を目指し、共生社会の実現に向けて、障害のある方々による芸術活動の支援に取り組んでいます。

きょうと障害者文化芸術推進機構

京都府では、文化芸術活動を通じて障害者の理解と社会参加を促進するため、大学、芸術家、福祉事業者、企業、美術館、行政その他関係機関で構成する、オール京都体制の「きょうと障害者文化芸術推進機構」を、2015年12月に創設しました。

art space co-jin(アートスペースコージン)

きょうと障害者文化芸術推進機構の活動拠点(事務局兼ギャラリー)として、2016年1月に開設いたしました。
障害のある人の作品や表現に出会える場として、絵画、写真、陶芸、インスタレーションなど様々な作品を展示するギャラリーとしての機能を中心に、イベント、ワークショップ、講座など、誰もが交流できる機会を創出しています。

設置場所
京都市上京区河原町通荒神口上ル宮垣町83レ・フレール1階
tel&fax050-1110-765510時00分-18時00分月曜定休

主な実施事業

  • ギャラリースペースart space co-jinでの企画展及び講座等の開催
  • 共生の芸術祭(芸術性の高い障害のあるアーティストの作品展示等)
  • アールブリュッ都ギャラリー開催
  • デジタルアーカイブ事業「アートと障害のアーカイブ・京都」
  • 情報の収集・発信等


詳しくは、ホームページをご覧ください。
ギャラリーart space co-jin(外部リンク)
デジタルアーカイブアートと障害のアーカイブ・京都(外部リンク)
展覧会等共生の芸術祭(外部リンク)

京都とっておきの芸術祭

京都障害者芸術祭実行委員会(事務局:京都府障害者支援課、一般社団法人京都府身体障害者団体連合会)は、障害者の文化芸術活動の可能性を切り開き、社会参加の促進を図るため、障害のある方がそれぞれの個性や才能を発揮する場として、平成7年度より「京都とっておきの芸術祭」を開催しています。

平成30年度開催概要

日時:平成30年11月29日(木曜日)から12月2日(日曜日)
※12月1日(土曜日)又は2日(日曜日)午前中に表彰式を予定しています。
午前10時から午後5時まで、入場無料
場所:日図デザイン博物館(みやこめっせ地下1階)
巡回展示:平成30年11月22日(木曜日)から12月3日(月曜日)(巡回展示場所:ぶらり嵐山内)

対象作品
絵画、陶芸、写真、書、俳句、川柳、諸工芸の7部門

応募資格
京都府内(京都市を含む。)に居住地を有する障害のある個人またはグループ全員

※その他、応募方法、審査等についてはこちらをご覧ください。【平成30年度作品募集について】

過去の開催状況

平成29年度開催状況

地域アート展開催事業

京都府内の障害のある方々の美術・工芸、身体表現、演劇、音楽等の文化芸術活動(展示・発表に限る。)に対して、消耗品費、会場使用料等の経費の一部を助成しています。

平成30年度募集について

本年度の募集は終了しました。

事業主体

京都府内に所在地(居住地)を有する障害のある個人、団体(グループ)及びその関係者

対象経費・助成内容

展示・発表を京都府内で行う場合で、「地域アート展開催事業」実施要項別表2に定める経費を対象とします。
京都府の助成額は、当該事業経費の2分の1以内とし、100,000円を上限とします。

要項

「地域アート展開催事業」実施要綱(PDF:199KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4597

shogaishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?