ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 障害者支援課 > 障害者支援課の業務について > 京都府立こども発達支援センター新棟の竣工及び京都府発達障害者支援センター「こども相談室」の愛称決定について

ここから本文です。

京都府立こども発達支援センター新棟の竣工及び京都府発達障害者支援センター「こども相談室」の愛称決定について

教育をはじめ、医療、福祉等関係機関と連携し、児童生徒の困り事に迅速丁寧に対応し、発達障害児及びその保護者に寄り添った相談支援を行う、京都府発達障害者支援センター「こども相談室」(募集時「発達障害・地域支援センター(仮称)」)について、広報等に活用でき、皆さんから親しんでいただけるよう愛称を募集していたところ、応募のあった中から以下のとおり決定しましたので、お知らせします。ご応募ありがとうございました。

また、相談を行う、京都府立こども発達支援センター新棟について、平成30年9月23日(日曜日)に京都府主催の竣工式を開催しましたので、併せてお知らせします。

京都府発達障害者支援センターこども相談室の愛称について

愛称名

「ぐーちょきぱー」

<愛称の説明>

こどもにも親しみやすい名称で考えました。こどもそれぞれに個性があり、一見全く違う「ぐーちょきぱー」も組み合わせによって色々なものをつくれることから、自分の個性を大事にしながら、周囲と協力して成長して欲しいという願いをこめています。

採用者

上田将也様(京都市上京区在住)

応募総数

30点

竣工式

日時

平成30年9月23日(日曜日)午前10時から午前10時30分まで

会場

京都府立こども発達支援センター(京田辺市田辺茂ヶ谷186-1)

出席者

京都府知事、府議会議員、京田辺市長、福祉・教育・地元関係者等

式典内容

知事式辞、来賓祝辞、来賓紹介、祝電披露、「発達障害者支援センターこども相談室」愛称発表、テープカット

終了後に施設見学

新棟での業務

「発達障害者支援センターこども相談室」の開設

  • 発達障害者支援センターの専門職員を2名配置し、京都府南部地域(乙訓、山城北、山城南圏域)を対象として、小学1年生から高校3年生の学齢期に特化した相談拠点を開設。現在、診療部門で受けている相談に代わる福祉的な相談を受ける体制を整備します。
  • こども相談室では、教育をはじめ、医療、福祉等関係機関と連携し、児童生徒の困り事に迅速丁寧に対応し、発達障害児及びその保護者に寄り添った相談支援を実施します。

放課後等デイサービスの実施

  • こども発達支援センターにおいて、専門性の高い放課後等デイサービスを実施するとともに、支援方法の普及・啓発、他の事業所からの実習受入等を通して、地域の放課後等デイサービスの質の向上を目指します。

新棟建物の概要

  • 木造平屋建て
  • 延べ床面積231.83平方メートル
  • 建物及び建物内の製品には、府内産木材を使用しています。

竣工式の様子

shintotizisikizite-pukattonairan

【参考:こども相談室「ぐーちょきぱー」の概要】

京都府発達障害者支援センターこども相談室の概要について

お問い合わせ

健康福祉部障害者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4597

shogaishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?