ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 消費者保護基本法制定50周年記念シンポジウム~すべてはここから始まった~を開催します。

ここから本文です。

消費者保護基本法制定50周年記念シンポジウム~すべてはここから始まった~を開催します。

報道発表日:平成30年4月2日

京都府府民生活部消費生活安全センター
075-671-0030

 

 本年は、「消費者保護基本法」(現行「消費者基本法」)が制定されて50年を迎えます。この間、消費者政策は、消費者の保護から自立、そして、自覚ある消費者の育成へと変化してきました。

 この度、同法制定50周年を記念し、5月の消費者月間行事として、持続可能な社会や消費者市民社会の実現に向けて、消費者の責任や役割はどうあるべきかについて共に考える「消費者保護基本法制定50周年記念シンポジウム ~すべてはここから始まった~」を開催します。

日時

平成30年5月19日(土曜日)

13時00分~17時00分(開場12時30分)

場所

京都市男女共同参画センター ウイングス京都 イベントホール

 (京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地)

内容

講演:「現代の消費者主権」~事例を通じて考える~

講師 古谷由紀子 氏 (公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会常任顧問、サステナビリティ消費者会議代表)

 

パネルディスカッション:「消費者が消費者市民社会の主役となるために」

コーディネーター

 原 強 氏 (NPO法人コンシューマーズ京都理事長)

コメンテーター

 古谷由紀子 氏

パネラー

 野々山宏 氏 (独立行政法人国民生活センター前理事長、NPO法人京都消費者契約ネットワーク理事長)

 川村幸子 氏 (京都生活協同組合副理事長)

 村上直紀 氏 (公益社団法人消費者関連専門家会議理事)

 

「バレンタイン一揆」上映

 チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか?

 -これは、児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語です。

申し込み方法

参加費

無料

定員

240名 (事前申込不要)

主催

主催:NPO法人 コンシューマーズ京都

共催:京都府、京都市、NPO法人京都消費者契約ネットワーク

チラシ:消費者保護基本法制定50周年記念シンポジウム~すべてはここから始まった~(PDF:7,239KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?