ここから本文です。

電子レンジの使い方に注意!

 

Q 電子レンジでニンニクを温めたところニンニクに火がついて焦げてしまいました。

Q 電子レンジで食品を温めていたところ、庫内で発火しました。

電子レンジの加熱方式

電子レンジは火を使わずに簡単に食品をあたためたり解凍したりできるため大変便利な調理器具で、毎日使っている人も多くなりました。しかし、他の加熱用調理器具とは違い、外部からの熱によって加熱するのではなく、マイクロ波によって直接内部の水分子を振動させ、摩擦熱により加熱することから、使い方に注意しなければいけない点があります。

食品の破裂

 電子レンジ加熱特有の現象に食品の破裂があります。電子レンジでの加熱は、食品の内部からあたためられるので膜や殻のある食品では、内部で発生した水蒸気がたまって内圧が高まり破裂が起こることがあります。特に多いのがゆで卵の破裂で、ゆで卵やゆで卵を使った食品のあたためなおしでも破裂が起こるときがあります。また、あたためて庫内で破裂しなかったゆで卵を取り出し、箸で刺したとき等に突然破裂することがあり、その場合、高温の破片が飛び散り火傷する可能性があるので危険です。ゆで卵は電子レンジで加熱しないようにしましょう。また、食品を加熱するときは鶏卵やうずら卵などのゆで卵が使われていないかどうか確認するようにしましょう。

卵を金属によって遮蔽し、マイクロ波が直接卵に照射されないようにして、「電子レンジで安全にゆで卵をつくる」ことをうたっている商品があります。これらの器具は、場合によっては卵が破裂することがあります。もし使用するときは、加熱時間や電子レンジ出力、水の量など表示を守って注意して使いましょう。

 飲み物の突沸

 液体が何らかのショックを受け、急激に沸騰を起こす現象を突沸と言います。電子レンジは液体が均一に加熱されるため、ガスコンロなどで加熱するよりも突沸になりやすいと言われています。電子レンジで飲み物を温め、取り出すときに突沸が起きると、中の熱い液体が飛び散り火傷する危険があります。突沸は、前触れもなく起こります。もし電子レンジで液体をあたためすぎたときは、加熱が終了してもすぐに取り出さず、扉を開けないで数分冷ましてから取り出すようにしましょう。

食品の発火

 電子レンジで少量の野菜を加熱すると発火したり焦げたりすることがあります。特に、サツマイモやニンニクなどの水分が少なく焦げやすい野菜で起こりやすいようです。少量の野菜を加熱するときは、水を加えてから行うか量を増やして加熱する方がよいでしょう。具体的な加熱方法や時間については、取扱説明書に記載された方法を守りましょう。

その他に注意すること

電子レンジで金属装飾付きの皿を加熱すると、火花が散ったり金属装飾付近が高温になることがあるので注意が必要です。また、熱に弱いプラスチック容器や電子レンジ用ではないラップを使用すると変形したり穴があいたりするときがあります。電子レンジで使えると表示されているものを使いましょう。

庫内は、食品カスが落ちたり汁がこぼれたりして汚れやすいものですが、汚れを放置しておくと焦げたり、燃えたりすることがあります。特に、電波の出口カバーに汚れが付くと火花が出たりすることがあります。食品カスがついたり汁がこぼれたときは、こまめにふき取るようにしましょう。

最近、電子レンジを使って加熱する湯たんぽが販売されたり、ふきんの消毒や殺菌等の使い方がメディアで紹介されていたりします。電子レンジは、原則的には調理目的に使用するものです。どうしても、このような商品を使用したいときは、商品や電子レンジの取扱説明書をよく見て判断し、表示に従い注意して使うことが大切です。

消費者の方へ

電子レンジは上手に使用すると大変便利なものですが、食品をあたためる方式がガスコンロなどとは違うため、使い方に注意が必要です。取扱説明書をよく読み、表示されていることを守って使いましょう。

(参考:電子レンジを安全に使うために(国民生活センター)、電子レンジ用ゆで卵調理器具の使い方に注意!(国民生活センター)など)

参考ホームページ

電子レンジを安全に使うために -使い方による危険性を探る-(国民生活センター)(外部リンク) 

電子レンジ用ゆで卵調理器具の使い方に注意! -使い方によっては卵が破裂する可能性も- (国民生活センター)(外部リンク)

電子レンジで加熱した豆乳の突沸(国民生活センター)(外部リンク)

人参を電子レンジで加熱したらスパークした(名古屋市消費生活センター)(外部リンク)

コンビニで買った中華丼弁当を電子レンジで温めて食べようとしたら、中に入っていたウズラのゆで卵が破裂し、やけどした(大阪府消費生活センター)(外部リンク)

電子レンジに潜む危険 火災に注意! (群馬県)(外部リンク)

電子レンジ加熱式湯たんぽによる加熱時の 火傷事故の再発防止について(注意喚起)(独立行政法人製品評価技術基盤機構)(外部リンク)

関連ホームページ

京都府消費生活インターネット講座「生活講座」くらしの科学実験1 電子レンジの間違った使い方(外部リンク)

お問い合わせ

府民生活部消費生活安全センター

京都市南区新町通九条下ル 京都テルサ内

電話番号:075-671-0004

ファックス:075-671-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?