ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 京都府消費生活安全センター くらしの情報ひろば > 消費生活用語辞典「ネガティブオプション(送りつけ商法)」

ここから本文です。

消費生活用語辞典「ネガティブオプション(送りつけ商法)」

ネガティブオプション

別名、送りつけ商法。
注文をしていないのに、一方的に商品を送りつけてきて代金を請求する販売方法。
慈善団体を装って、寄付を名目に商品を送りつけてくるケースもある。


出典:財団法人日本消費者協会消費生活能力検定委員会編
「消費者力検定 受験対策テキスト2007」

ポイント!

主な商品は、ビデオソフト、新聞、雑誌、書籍など。

契約してしまったら!

特定商取引法では、ネガティブオプションの対処方法について規定しています。
事業者に商品の引き取りを要請した場合は請求した日から7日間以内、引き取りを要請しなかった場合は商品が送られてきた日から14日間以内に事業者が引き取りにこなければ、その商品は自由に処分することができます。

ご参考の相談事例

お問い合わせ

府民生活部消費生活安全センター

京都市南区新町通九条下ル 京都テルサ内

電話番号:075-671-0004

ファックス:075-671-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?