ここから本文です。

悪質な電話機リースの訪問販売に注意

主として家庭用に使用する場合は 個人事業者でもクーリング・オフできます

相談事例

自営業をしているが訪問販売で「今の電話機は使えなくなる」「電話代が安くなる」と勧められて、電話機リースを契約した。高額なため解約したいというと、事業者だからクーリング・オフはできないと断られた。


全国的に、個人事業者を狙った悪質な電話機リースの訪問販売に関する苦情が増加したため、平成17年12月に経済産業省が特定商取引法に関する法律の通達を改正し、事業者名の契約でも主として家庭用に使用する場合については、特定商取引法による規制の対象になることを明確にしました。

  • 訪問販売業者の話を鵜呑みにしない。
  • 直ぐに契約しない。
  • 被害を受けたときは諦めず、消費生活相談窓口に相談する。
  • 事業者が営業用で使用する場合は、クーリング・オフができないので慎重に

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?