ここから本文です。

6月13日第391号

1.借金をさせてまで支払わせるメルマガ作成内職
  ー20代から40代の女性に100万円以上の借金をさせる事例も!ー
  ~国民生活センターからのお知らせ~

 メールマガジン(以下、メルマガ)の原稿を作成する内職の求人サイトを入り
口に、ホームページ作成やサーバー拡張を勧誘し、次々と代金を請求する手口
(以下、メルマガ作成内職)(注1)に関する相談件数(注2)が年々増加して
いる。PIOーNET(注3)には、2013年度は424件の相談が寄せられ、
2009年度の約60倍となった。主に20歳代から40歳代の女性がトラブル
にあっているという傾向もみられ、2013年度の契約購入金額の平均は約89
万円である。
 消費者からは「初期費用無料の広告を見て、メルマガ作成の仕事に申し込んだ
ところ、『あなたの文章はレベルが高いので歩合制の仕事をしないか』と勧めら
れた。『もうからなければ返金する』と言われ、ホームページ作成等の費用を、
業者の指示どおり消費者金融で借金するなどして支払ったが、全くもうからない」
といった苦情が少なくない。また、消費者が契約を断ろうとしたところ「副業が
あることを職場にばらす」などと脅されて、支払ってしまったというケースもみ
られる。さらに消費者が返金を求めても態度が強硬で、返金には応じないケース
がほとんどである。

(注1)消費者庁はウェブサイトの開設等(役務提供)の電話勧誘販売を行って
いた株式会社リミテッドについて、平成25年8月30日に注意喚起を(副業を
希望する消費者にウェブサイト開設を持ちかける「株式会社リミテッド」に関す
る注意喚起[PDF形式](消費者庁))、また、同10月3日、特定商取引法
に基づく業務停止命令を行っている(特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に対
する業務停止命令(6か月)について[PDF形式](消費者庁)

(注2)メルマガ等の文章を作成し業者に送付する内職に応募した消費者に対し
て、有償のホームページ作成等を勧誘する手口に関する相談。有償の契約をして
いなくても、今後その可能性があるものについても併せて集計した。2014年
5月15日までの登録分。

(注3)PIOーNETとは全国消費生活情報ネットワーク・システム。国民生
活センターと全国の消費生活センター等をオンラインネットワークで結び、消費
生活に関する情報を蓄積しているデータベースのこと。


<相談事例>
【事例1】文章を褒められてホームページの作成を勧められ、約100万円を借
     金して支払った
【事例2】収入がなければ返金するという業者の言葉を信じて、約120万円を
     借金して支払った
【事例3】返金のため次々と高額な支払いを求められ、保険を担保に借金するよ
     う言われた
【事例4】解約を申し出たところ、就職先に連絡すると言われ、200万円以上
     を支払った


<相談事例からみられる問題点>
1. 初期費用不要の内職を入り口に、高額な費用を伴う契約を勧誘する
2.「すぐに元がとれる」「○○万円の収入は確実だ」と事実と異なる説明をする
3. 契約を断った消費者に勧誘を続け、消費者金融での借り入れを勧める
4.解約を申し出て断ると脅されることも
5. 収入がない場合は返金すると約束しながら、返金に応じない
6. 業者はクーリング・オフや取消しの交渉に応じない


 
<消費者へのアドバイス>
1. 安易に内職の申し込みをしたり、個人情報を提供をしないこと
2. 高額な初期費用のかかる内職契約は極力避け、勧誘されてもきっぱりと断る
  こと
3.「○○万円の収入は確実」「収入がない場合は返金する」など業者の言葉を
  信用しないこと
4. 追加の費用を請求されたり脅されたりしても次々に契約して支払わないこと
5. 一人で抱え込まずに、家族や消費生活センター等に相談を


<詳細>国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140605_1.html(外部リンク)

 

          ◇      ◆      ◇ 

 


2.消費者力パワーアップセミナー2014第1期
  ー消費者被害から身を守るためにー
   ~京都市・京都府生活協同組合・
   特定非営利法人コンシューマーズ京都からのお知らせ~

 京都市,コンシューマーズ京都,京都生活協同組合の三者共催で,3つのテー
マを設定し,「消費者力パワーアップセミナー2014(第1期)」を次のとお
り開催します。お申込みは各回ごとですが,是非3回連続で御参加ください。

①日時   6月24日 火曜日
 テーマ  消費者被害の現状 ~京都市の取組~
 内容   京都市における消費者被害の特徴を,全国の実態も踏まえながら紹
      介します。また,特に消費者相談の件数が多い事例を分かりやすく
      御紹介します。
 講師   峯  泰勝(京都市消費生活総合センター長)
      寺田 美子(京都市消費生活専門相談員)

②日時   7月1日 火曜日
 テーマ  消費者被害に遭わないために~地域の見守り活動を御存じですか~
 内容   近年,高齢者が消費者被害に遭うトラブルが増加しています。特に,
      一人暮らしの高齢者は地域から孤立しがちなため,狙われやすい傾
      向があります。このようなトラブルを防ぐためにできることを,分
      かりやすくお話ししていただきます。
 講師   上掛 利博(京都府立大学公共政策学部教授)
      吉川 彰 (京都市社会福祉協議会 ボランティア・地域支援部)
      広池 孝之(京都生活協同組合 組織運営部 地域見守り活動担当)

③日時   7月8日 火曜日 
 テーマ  消費者被害に遭ってしまったら ~泣き寝入りしないために~
 内容   消費者被害に遭ってしまったらどうすればいいか,その対処法や法
      的な救済手続きなどを分かりやすく御紹介します。
 講師   池田 昌子 (京都市消費生活専門相談員)
      志部 淳之介(京都消費者契約ネットワーク事務局・弁護士)

●開催時間 各回とも午前10時から正午
●定員   各回先着50名
●開催場所 京都市消費生活総合センター
      京都市中京区烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階 
      地下鉄烏丸御池駅下車3-1,3-2出口すぐ
●受講料  無料
●申込み  消費生活や消費者力向上に興味・関心をお持ちの18歳以上の方で
      あればどなたでもお申し込みいただけます。
●受付   6月3日(火)から開始します。
●締切日  ①6月17日(火),②6月24日(火),③7月1日(火)
      *テーマごとに締切日が異なりますので御注意ください。
 
 参加希望者は,講座名,氏名,電話番号及び参加希望日を以下の申込先まで御
連絡ください。
 なお,申込受付後,定員を超えて受講ができない場合のみ,連絡をさせていた
だきます。

申込先  「京都いつでもコール」(京都市市政情報総合案内コールセンター) 
    午前8時~午後9時【年中無休】
TEL  075-661-3755(みなここ) 
FAX  075-661-5855(ごようはここ)
    (FAX用申込用紙は下記ホームページを参照してください。)
    ※お掛け間違いに御注意ください。
パソコンhttp://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html
(外部リンク)

携帯電話 http://www.city.kyoto.jp/koho/m/cc/(外部リンク)

<詳細>京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000166278.html

 

           ◇      ◆      ◇ 

 


3.現場で体験!食の安心・安全学び塾(全10回)

 京都府の食品検査等の研究施設の見学・体験と研究所等の職員との意見交換を
通じて、府の食の安心・安全の取組を知っていただき、食に関する知識を深めて
いただくため、「現場で体験!食の安心・安全学び塾」(全10回)を開催して
います。
第1回   6月13日(金) 「流通食品」の放射性物質検査(受付終了)
第2回   7月11日(金) 安心・安全な宇治茶生産
第3回   8月22日(金) 果樹・水稲の減農薬栽培
第4回   8月29日(金) 安心・安全な農産物生産に向けての新技術
第5回   9月19日(金) 安心・安全な鶏肉の生産
第6回   9月26日(金) 食品添加物の働きと使用方法
第7回  10月 3日(金) 環境にやさしい農業
第8回  10月17日(金) 「府内産農産物」の放射性物質検査
第9回  10月31日(金) 農産物の残留農薬検査
第10回 11月14日(金) 「牛肉」の放射性物質検査 
 
<日時・会場> 「詳細」を参照、または、お問い合わせください。
<定員>    各回先着20名(参加無料) 
<申込方法>  氏名・住所・電話番号・希望回を明記の上、郵送、FAX、E
        メールでお申し込みください。
<申込期限>  各開催日2週間前まで
<申込・問い合わせ先>  
       〒602-8570(住所不要)京都府 食の安心・安全推進課
       TEL 075-414ー5654
       FAX 075-414ー4982
       Eメール shokuanzen@pref.kyoto.lg.jp


<詳細>京都府 食の安心・安全推進課
http://www.pref.kyoto.jp/shoku-anshin/news/genba.html

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?