ここから本文です。

8月29日第402号

1.シンポジウム『消費者教育推進のつどい』の開催について
―始めましょう!!京都から消費者教育を―
~京都府からのお知らせ~

「消費者教育」とは、被害にあわないだけではなく、公正で持続可能な社会をつくるため、次世代や地域・地球の将来のことなどにも思いを寄せ、自ら考え行動する自立した消費者を育成するための消費生活に関する教育のことです。
この度、京都府と京都市、京都くらしの安心・安全ネットワークが連携して、消費者教育を実践する担い手との多様な連携を深め、府民の皆様に消費者教育の必要性を認識していただく一助とするために、下記のとおりシンポジウムを開催いたします。

<日時>平成26年9月6日(土曜日)
・第1部10時30分~12時30分
・第2部13時30分~16時30分

<会場>ハートピア京都3階大会議室
(京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地)

<内容>
第1部事例発表会

  1. 京都生協ライフプランアドバイザーの会(金融教育について)
  2. NPO法人環境市民(環境教育について)
  3. 京都司法書士会(法教育について)
  4. 京都小学校家庭科教育研究会
    (買い物の体験的活動を通した学習について)
  5. 日本ハム株式会社
    (市民と企業の双方向コミュニケーションについて)
  6. 長岡京市生活学校(食品ロス問題について)
  7. 京都大学フェアトレードサークルまなびやハチドリ
    (フェアトレードの取組について)

第2部シンポジウム「消費者教育をどうすすめるか」

  • 基調講演阿南久(前消費者庁長官)
  • パネルディスカッション
    <パネラー>
    阿南久(前消費者庁長官)
    柿野成美(公益財団法人消費者教育支援センター総括主任研究員)
    渡邊明子(京都生活協同組合理事長)
    峯泰勝(京都市消費生活総合センター長)
    雪美保子(京都府消費生活安全センター消費生活相談員)
    <コーディネーター>
    原強(NPO法人コンシューマーズ京都理事長)

<参加費>無料

<定員>100名(先着順)

<申込方法>参加希望者は

  1. 氏名(グループの場合は代表者名)
  2. 参加人数
  3. 代表者連絡先電話番号
  4. 居住の市町村(区)名(他府県の場合は都道府県名)
  5. 京都府「くらしの安全推進員」又は、京都市「京(みやこ)
    ・くらしのサポーター」の登録の有無を下記申込先までFAXでご連絡ください。
    なお、定員に達し次第、申込みを締め切らせていただきます。
    (定員を超えた場合はご連絡いたします。)

<申込先>NPO法人コンシューマーズ京都(京都消団連)
FAX:075-251-1003

<締切日>平成26年9月5日(金曜日)

<主催>京都府・京都市・京都くらしの安心・安全ネットワーク

<企画・運営>コンシューマーズ京都(京都消団連)

お問合せ/特定非営利活動法人(NPO法人)コンシューマーズ京都
〒604-0847京都市中京区烏丸二条下るヒロセビル4F
TEL.075-251-1001

<詳細>京都府消費生活安全センターHP
http://cms.pref.kyoto.jp/cms8341/shohi/news/event/2014/syouhisyakyouiku260906.html

2.高齢者を狙う詐欺を伊根町から追い払おう!―特殊詐欺被害撲滅キャンペーン―
~京都府消費生活安全センターからのお知らせ~

京都府では、特殊詐欺被害が過去最悪という状況を踏まえ、地域の皆様を特殊詐欺の被害から守るために、京都府警察と連携してキャンペーンを開催します。

<日時>平成26年9月10日(水曜日)13時00分~15時00分

<場所>伊根町福祉センター(商工会館2階)(与謝郡伊根町字亀島429)

<内容>

  • 警察音楽隊などの演奏
  • ロックモンキーズによる寸劇
  • 啓発落語:桂三風
  • トークショー

入場無料
参加者には、エコバッグなどオリジナルグッズプレゼント!

≪消費生活特別相談会≫13時00分~16時00分
◇消費生活相談員がご相談をお受けします。

〓京都府警本部長緊急メッセージ〓

★午前中のお金の用立て電話は即警戒
★心当たりのない会社からの電話やパンフレットは即通報
★ゆうパックや宅配便などの送金依頼は即110番

<お問い合わせ>京都府消費生活安全センター
電話:075-671-0030

3.京都くらしの安心・安全推進月間事業
講座『食品表示法により変わるのか』開催について
~NPO法人京都消費生活有資格者の会からのお知らせ~

食品衛生法、JAS法、健康増進法などで分かれていた表記や用語を統一するために、昨年6月に食品表示法が公布されました。来年6月の施行を目途に、現在詳細なルールの表示基準案が示され審議中です。現在の表示から何が変わるのか、分かりやすくなるのか、また食の安全への問題も含め、食品表示のエキスパートにお話をしていただきます。

  • 日時:2014年9月15日(月・祝)13時30分~16時00分
  • 場所:京都テルサ東館2階視聴覚研修室
    (京都市南区東九条下殿田町70番地)
  • 講師:消費生活アナリスト板倉ゆか子氏
    消費者委員会食品表示部会委員
    元国民生活センター調査役
  • 定員:60名
  • 参加費:無料
  • 申込方法
    9月5日(金曜日)までに、下記のFAXまたは電子メール宛に氏名・市町村名・連絡先を明記し、お申し込みください。
    先着順。定員オーバーでお断りの方のみ連絡いたします。
    ・FAX:075-211-2920
    ・E-mail:yuusikakusyanokai-opening@yahoo.co.jp

主催:NPO法人京都消費生活有資格者の会

共催:京都府・京都くらしの安心・安全ネットワーク

 

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?