ここから本文です。

9月22日第405号

1.福山通運(株)と「宅配便を利用した悪質商法から消費者を守る協定」を
締結しました!
~京都府からのお知らせ~

京都府では、近年、被害が急増している、いわゆる「送りつけ商法」等の宅配便を利用した悪質商法から消費者を守ることを目的に、福山通運株式会社と協定を締結しました。

〔1〕締結の相手方
福山通運株式会社(専務執行役員近畿統括部長向井秀也)
所在地:大阪市福島区大開4丁目1-18
事業内容:宅配便など各種輸送に関わる事業

〔2〕協定内容

  • 名称「宅配便を利用した悪質商法から消費者を守る協定」
  • 内容
    ◆府は、宅配便を利用した悪質商法に関する手口情報を提供します。
    ◆福山通運(株)は、日常の業務の範囲内で、次の事項に努めます。
    ・消費者から受取拒否を示された宅配物については、その意思を尊重して取り扱います。
    ・代金引換サービス契約に係る審査を厳格に行います。
    ・消費者が何らかの消費者被害に遭っている等の異変を察知した場合には、消費者に対して、府消費生活安全センターに相談するように案内します。
    ◆府と福山通運(株)とが相互の情報交換を行うことにより、連携の強化を図ります。

〔3〕締結日
平成26年9月9日

〔4〕参考

  • 消費者保護を目的とした行政と宅配事業者との協定締結は都道府県では京都府のみ
  • 府内の締結状況
    1.平成26年5月20日佐川急便(株)京都支店
    2.平成26年9月9日福山通運(株)
  • 府内の「送りつけ商法」に係る商品の多くは、サプリメント等の「健康食品」
  • 「送りつけ商法」の主な代金支払方法は代金引換サービス契約、いわゆる「代引き」
  • 平成26年度に入り、「わいせつDVD」等の送りつけ事案が発生する等、健康食品以外の「送りつけ」も全国的に広がりを見せている。

<詳細>京都府消費生活センターHP
http://www.pref.kyoto.jp/shohi/news/20140909.html

2.iPS細胞・STAP細胞の関連事業をかたった詐欺的トラブルにご注意!
―話題性のある出来事に便乗して、高齢者を狙う悪質な手口―
~国民生活センターからのお知らせ~

iPS細胞に関連した事業への投資などをかたった詐欺的トラブルに関する相談が、高齢者を中心に多く寄せられています。また最近では、STAP細胞に関連した相談も寄せられ始めています。特に多く見られる手口は、複数の業者が役回りを分担して消費者をだまそうとする「劇場型勧誘(買え買え詐欺)」です。

悪質業者は、今話題になっている出来事を悪用して近づいてきます。話題性のあるニュースや事件に便乗した詐欺には十分に注意が必要です。

≪相談事例≫

  1. 【事例1】
    iPS細胞の関連事業をかたった買え買え詐欺
    証券会社を名乗る者から電話があり「ご主人がiPS細胞を手掛けているA社の株を買う権利に当選した」と言われたので、こちらから断って電話を切った。
    その後すぐにA社から電話があり「1,000万円分の株の購入ありがとうございます」と言われた。驚いて「買っていません」と言うと、「すでに名義貸しをされている。権利証や念書を送るので返送するように」と言われたので、「買っていない株の権利証はいらない」と断った。
    数日後、再びA社から電話があり「解約するのに250万円が必要だ。立て替えてくれれば数日後に返金する」と言われた。返金してくれるならよいと思い、金融機関からお金をおろし、宅配便で個人あてに250万円を送った。
    さらに数日後、A社からまた電話があり「名義貸しで株を購入したことが監査で問題になっている。ご主人の口座が差し押さえや凍結になる」などと言われた。どうしたらよいか。
  2. 【事例2】
    STAP細胞の関連事業をかたった買え買え詐欺
    大手証券会社を名乗る男性から電話があり、「STAP細胞の関連会社が貴市に進出する。その会社の社債を購入できる候補者1,000人の中にあなたの名前がある」と言われた。「興味がない」と断ったが、後日、再び同じ男性から電話があり、「興味がないなら、購入できる権利を当社に譲ってほしい。あなたにお金がかかる話ではない」と言われた。テレビなどで見聞きした詐欺の被害者の話と同じだと思い、「返事ができない」と言ったら、乱暴に電話が切れた。どうしたらよいか。

≪消費者へのアドバイス≫

  • 話題性のある出来事に便乗した詐欺に注意する
    悪質業者は、今話題になっている出来事を悪用して近づいてきます。iPS細胞やSTAP細胞の他にも、東京オリンピックや企業の個人情報漏洩など、話題性のあるニュースや事件に便乗した詐欺には十分に注意しください。
  • 劇場型勧誘(買え買え詐欺)の電話がかかってきたら、すぐに電話を切る
    「代わりに買ってくれたら高値で買い取る」「立て替えてくれれば後で返金する」「名義を貸してくれたら謝礼を払う」「あなたの名前で買った」などと持ちかけてくる「劇場型勧誘(買え買え詐欺)」には特に注意が必要です。こうした勧誘の電話がかかってきたら、相手にせずにすぐに電話を切ってください。
  • 消費生活センターに相談する
    少しでも不安を感じたら、お金を払う前にすぐに電話を切ってください。

<詳細>国民生活センターHP
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140911_2.html(外部リンク)

3.知るぽるとセミナー
『楽しく学ぶお金の話―人生すみからすみまで―』のご案内
~京都府金融広報委員会からのお知らせ~

  • 日時
    平成26年10月2日(木曜日)14時00分~16時00分
    (13時30分受付開始)
  • 会場
    京都テルサテルサホール
    京都市南区東九条下殿田町70
  • 講師
    フリーパーソナリティー角淳一氏
    生活経済ジャーナリストいちのせかつみ氏
  • プログラム
    ・開会挨拶京都府金融広報委員会
    ・「僕の人生設計」角淳一
    ・「角さんと学ぶ!くらしとお金の知恵」角淳一×いちのせかつみ
    ・「転ばぬ先のお金学」いちのせかつみ
    ・「そなえあれば憂いなし」角淳一
  • 申込方法
    9月24日(水曜日)まで<必着>に、ハガキまたはファックスで、1.10月2日セミナー希望2.氏名3.郵便番号4.住所5.電話番号を明記の上、京都府金融広報委員会までお申し込みください。

    ※参加希望者が複数人の場合には、全員の2.~5.をお知らせください。
    ※先着500名様で、お申込みを締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。
    参加者には、入場券を郵送します。
  • お申し込み・お問い合わせ先
    京都府金融広報委員会
    〒604-0924京都市中京区河原町通二条下る(日本銀行京都支店内)
    電話:075-212-5193<土日・祝日を除く9時~17時>
    FAX:075-253-2014


<詳細>京都府金融広報委員会HP
http://www3.boj.or.jp/kyoto/koho/koho.html(外部リンク)

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?