ここから本文です。

4月1日第481号


1.高齢者の消費者トラブルに気づくのは周囲の人!
  ー当事者が80歳代以上の場合は本人以外からの相談が約4割!ー
     ~京都府消費生活安全センターからのお知らせ~

<事例>
○高齢の母の自宅から大量の健康食品の領収書を発見した。領収書の合計金額
 は約120万円。母は現在、ケガで入院中だが、どうしたらよいか。
                       (当事者 90代 女性)
○居宅介護支援事業者。認知症の高齢者宅にふとん業者が本日来るようだ。数
 年前に訪問販売で高額の磁気ふとんを契約している。ふとんの交換に行くと
 電話があったらしい。止めたいが、連絡先がわからない。対処法はないか。
                       (当事者 80代 女性)
○高齢の両親だけで住んでいる自宅に行くと屋根工事をしていた。契約書が複
 数あり、3ヶ月間に7回の契約をしていた。解約できないか。
                       (当事者 80代 男性)

<ワンポイントアドバイス>
・特殊詐欺など高齢者を狙う悪質な手口が増え、80歳代以上の方の被害も目
  立ちます。

・高齢になると在宅時間が長くなるため、訪問販売や電話勧誘販売のターゲッ
  トになりやすく、また、新しい情報を得られにくくなるので、被害に気づく
 のが遅くなりがちです。

・家族や介護関係者はじめ、周囲の人の気づきと声かけが大切です。「どうさ
 れたのですか」「最近、被害が多いようですよ」などとプライドを傷つけな
 いように声をかけましょう。

・心配な場合は京都府や市町村の消費生活センターにご相談ください。

<詳細>京都府消費生活安全センター
http://www.pref.kyoto.jp/shohise/documents/report2803.pdf

 

          ◇      ◆      ◇ 


        
2.遊具で大けが!注意して遊びましょう
     ~国民生活センターからのお知らせ~
   
<内容>
【事例1】
 滑り台の柵を乗り越えて遊んでいたところ、高さ3メートルから墜落して救
急搬送された。胸部と背部を骨折していた。     (当事者:7歳 男児)

【事例2】
 高さ2メートルの雲ていから手を滑らせて左ひじから転落し、はく離骨折し
た。前日から雨が降っていて、雲ていは濡れていた。 (当事者:6歳 女児)

<ひとことアドバイス>
・体を動かして遊ぶことは子どもの心身の発育に重要であり、遊具での遊びも
 その大切な一部ですが、一方で遊具を使用中に高いところから転落して骨折
 するなど、重とくな事故が起こっています。子どもが遊具を使っているとき、 
 大人は目を離さないことが大切です。

・滑り台を反対側から登る、柵を乗り越えるなど、本来の遊び方と違う使い方
 をさせない、遊具の対象年齢を守るなど、正しい使い方を子どもに教えまし
 ょう。

・屋外の遊具では、夏には表面の温度が非常に高くなったり、雨に濡れた場合
 は滑りやすくなったりするものもあります。天候にも注意しましょう。

・遊具の不具合や破損を見つけたら、使用しないで管理者に連絡しましょう。


<詳細>国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/kmj_mailmag/kmj-support98.html(外部リンク)

 

          ◇      ◆      ◇


3.絶対に入ってはいけない!「「ぼったくりバー」
  ―楽しい気分が一転、高額請求―
     ~国民生活センターからのお知らせ~


 客引きに勧誘されて入った飲食店で、事前には想像もしていなかった高額な
料金を請求される、いわゆる「ぼったくりバー」に関する相談が全国の消費生
活センター等に寄せられています。

 相談内容を見ると、さまざまな手口が見られます。いずれの事例でも、支払
いを強く求められ、消費者が仕方なく支払ってしまうことがほとんどです。ま
た、高額な請求になって気付く事例もあります。

 いわゆる「ぼったくりバー」にいったん入ってしまうと、料金をめぐってト
ラブルとなり、それを避けるのは非常に難しいのが現状です。そこで、相談事
例をもとにその特徴や問題点を整理し、消費者被害の未然防止のために注意を
呼び掛けます。

<相談事例>
【事例1】
 客引きの案内と違う高額な料金を支払わされた。

【事例2】
 複数の方法で高額な支払いをさせられた。

【事例3】
 出張先で入った店でクレジットカードを出したら何度も決済されていた。

【事例4】
 眠ってしまい、気付かない間にクレジットカードを利用された。

<相談事例から見た特徴> 
◆入店する前
 ・不慣れな繁華街や、既に酔った状態で繁華街を歩いているときに客引きに
  勧誘される。
 ・勧誘では、消費者の興味を引くようなことを言われる。

◆入店した時
 ・客引きの案内を信用して、消費者側が店内の料金表示をよく見ていない。

◆会計時
  ・予想とは全く異なる金額を請求される。
 ・怖い思いをさせられ仕方なく支払ってしまう事例も見られる。
 ・手持ちの現金で足りなければ、コンビニに設置されたATMに連れて行か
  れたり、クレジットカードで支払わされる。

◆後日
 ・店を出る時に身分証のコピーを取られて、後日請求書が送られてきたり、
  再度来店をするように言われたりして、支払わされる事例もある。
 ・会計時に示された額よりもはるかに高額なクレジットカードの請求が後日
  になって上がってくることや、買い物の時に利用可能限度額を超えてしま
  いクレジットカードが使えなかったことで高額請求が発覚する場合もある。

<相談事例から見た問題点>
1.消費者の認識とかけ離れた高額な請求をされる。
2.さまざまな手段で何としてでも支払わせようとする。
3.救済が困難である。

<消費者へのアドバイス>
1.手口をよく知って、不審な店には入らない!
2.客引きについていかない!
3.トラブルにあった場合は警察に相談する。
4.請求に疑問があるときは、クレジットカード会社に問い合わせる。
5.消費者センターに相談する。


<詳細>国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160317_2.html(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?