ホーム > きょうと食品表示パトロール(平成30年度結果・令和元年度計画)

ここから本文です。

きょうと食品表示パトロール(平成30年度結果・令和元年度計画)

概要

産地偽装など食品表示に関する事件が多発する中、関係職員が連携して「きょうと食品表示パトロールチーム」を設置し、食料品販売店舗等において食品表示の欠落等の不適正表示がないかを確認するとともに、必要に応じ商品を買い上げて、科学的検査を実施することにより、表示されている原産地等の信ぴょう性を確認するなど、食品表示の適正化に努めています。

平成30年度調査結果

1定期パトロール

府内のスーパー、小売店等296店舗のパトロールを実施しました。

このうち、原産地表示等の調査をした284店舗の表示状況は次のとおりです。

全部に表示あり

(100%表示)

ほとんど表示あり

(99%~80%表示)

半分程度表示あり

(79%~40%表示)

一部表示あり

(39%~1%表示)

表示なし

59.5%

23.9%

10.9%

2.8%

2.8%

2買上調査

対象商品を府内のスーパーや小売店等で買い上げて、表示されている原産地等の信ぴょう性について科学的検査により確認

(1)「国産大豆加工品(豆腐)」の原料原産地表示、「京都府産袋詰精米」の品種表示、「国産鶏肉」の原産地表示、「国産鮮魚(ブリ)」の養殖表示の信ぴょう性を確認。

(2)分析結果(単位:検体数)

 

品目 買上検体数 分析結果
大豆加工品(豆腐) 10 全て疑義なし
袋詰精米 10 全て疑義なし
鶏肉 10 全て疑義なし
鮮魚(ブリ) 9 全て疑義なし

3調査結果に基づく対応

調査した店舗に啓発パンフレットを配布して啓発を図っているほか、表示状況が不十分な店舗については、口頭指導等を実施。必要に応じて再調査を行い、改善状況の確認や再度の啓発・指導を徹底しています。

令和元年度調査計画

1定期パトロール

府内のスーパー、小売店等約300店舗を選定し、原産地表示等が適正に表示されているかについて、パトロールを実施

2買上調査

「京都府産青ネギ」の原産地表示、「鮮魚(タイ)」の養殖表示、「京都府産袋詰精米」の品種表示、「国産鶏肉」の原産地表示について、科学的検査を行い、表示の信ぴょう性を確認

お問い合わせ

農林水産部農政課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4939

nosei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?