ホーム > 暮らし・環境 > 食生活・消費生活 > 食の安心・安全きょうと > 京都府農薬危害防止運動の実施について

ここから本文です。

京都府農薬危害防止運動の実施について

 農薬危害防止運動を実施します!!

農薬は正しく使用!

 京都府では、農薬使用による事故を防止し、府民に供給する農作物の安全性の確保及び生活環境の保全を図るため、農薬危害防止運動を実施します。
 梅雨から盛夏にかけて病害虫などの発生が増加し、農薬を使用する機会が多い時期を中心として、毎年6月から9月までを「農薬危害防止指導強化期間」と定め、この運動を展開しています。

  ●   平成26年度京都府農薬危害防止運動の実施について(PDF:135KB)

運動を推進するための具体的な取組  

  1. 府関係機関、市町村、農薬取扱業者等関係団体、医師会等への協力要請
  2. 農薬販売者、防除業者、ゴルフ場関係者等農薬取扱者を対象に講習会を開催
  3. 農家を対象に各普及センターで随時研修会を開催
  4. 立入検査等を通じて農薬販売者に対する適正販売の指導
  5. リーフレット活用による、住宅地や公共施設等の周辺における適切な防除・農薬使用の指導等、人や環境への危害防止対策

府民の皆さんへのお願い

農薬を使用するときは、次のことを守ってください。

 1 購入、使用の前に必ず商品ラベルの確認を!

  • 必ず登録された農薬を使用する(商品に「農林水産省登録第○○○号」の記載あり。) 
  • ラベルに記載してある注意事項を確認して使用する。
  • 使用方法、使用量又は希釈倍数、使用回数等を必ず守る。
  • 適用作物(使用できる植物が決まっている)にのみ使用する。

2 記帳、保管をしっかりと!他の容器に移しかえない!

  • 農薬は鍵のかかるところに保管する。
  • 誤使用・誤飲防止のため容器の移し替えをしない。
  • 農薬の使用年月日、農薬名、場所、対象作物、使用量(希釈倍数)を記録し、保管する。

3 散布するときは、防護、飛散防止の徹底を!

  • マスクや手袋、ゴーグル、防除衣などを着用する。
  • 散布の時は、風向きや風速に注意。風が強いときは散布しない。
  • 隣接農地への飛散防止を徹底する。
  • 散布中に体調が悪くなったら直ちに作業を中止し、医療機関で受診する。
  • 住宅地、公共施設等の周辺では、できるだけ農薬使用を減らす栽培管理をを行う。

4 散布の前には、周辺住民等にお知らせを!

  • 事前に散布目的、日時、農薬の種類、散布者名(連絡先)等を周辺住民や近隣農家等に知らせる。
  • 特に近くに学校がある場合は、学校や保護者へも連絡する。
  • 散布場所に関係者以外が立ち入らないよう、立て看板などで表示する。

実施主体

農林水産部、健康福祉部

(参考)関係リンク

※農林水産省、厚生労働省、環境省連携により全国段階でも農薬危害防止運動を実施 しています。
※また、各府県においても同様の事業を実施しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部食の安心・安全推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5654

ファックス:075-414-4982

shokuanzen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?